Topic of Thailand
WiSE編集部 RyDEEN Co., Ltd.
LINEで送る
Pocket

2017.01.11

減らないロットゥー事故

4日、チョンブリー県のバスターミナルで警察はロットゥー運転手の飲酒検問を行った。(5日=マティション)
4日、チョンブリー県のバスターミナルで警察はロットゥー運転手の飲酒検問を行った。(5日=マティション)

 

 

タイ国民の長距離移動の足、ロットゥー(乗り合い式のミニバス)
慣れ親しまれる一方、毎年多くの事故が起き、安全面に疑問符も

 

新年2日午後、東部チョンブリー県で、バンコク〜チャンタブリー県を走るロットゥーが反対車線に乗り出し、対向車に激突。合わせて25人が死亡するという痛ましい事故が起きた(タイローカルニュース参照)。
同運転手は元日、2日の両日で同区間(距離約250㎞、片道約7時間)を5回、走行しており、睡眠不足による居眠り運転が事故の原因とみられている。
タイでは毎年、年末年始に、交通事故の発生数がそのほかの時期に比べ急増する。内務省によると、2016年12月29日から17年1月4日までに起きた交通事故は3919回、死亡者478人、負傷者は4128人で、いずれも15年を上回った。
タイ消費者協会が行った公共交通機関による事故調査(対象期間16年1月〜11月)では、ロットゥーによる事故が最も多く、215回。負傷者は1102人、死亡者は103人に上った。事故の主な原因は運転手の不注意によるものだが、座席の無理な増設や、ガソリン車であるロットゥーを(よりコストのかからない)LPガス車や天然ガス車に改造するなど、安全基準を満たしていないことが起因の事例も多く見られた。
3日には、溝がすり減ったツルツルのタイヤで走行していたロットゥーを、交通警察が検挙した事件がSNS上に投稿され、世間の大きな注目を浴びた。これをきっかけに、同SNS利用者からは、ロットゥーに関する体験話が次々と投稿。その中には、「満席でも、スペースがあれば乗客を立たせて乗せていた」、「タイヤが外れそうでも走っていた」といった目撃談もあり、ロットゥー運転手の安全意識の低さが浮き彫りになった。
ロットゥーによる大事故は毎年起きており、事故防止策も講じられているが、未だ解決にはつながっていない。
陸軍司令官のチャレームチャイ大将は「16〜17年の“危険な7日間”の死亡者数は前年度よりも多く、由々しき事態。(こちらが)どんなに対策を練ったとしても、運転する側がそれを守らなければ効果はない」と、改善されない現状に憤りをみせた。

関連タグ

関連記事

おすすめ記事