スペシャルコンテンツ
WiSE編集部 RyDEEN Co., Ltd.
LINEで送る
Pocket

2017.02.09

【ソンクラン旅行特集】Vol.2
タイ国内のビーチリゾート&離島

head
抜けるような空と、美しい白い砂浜、透き通るような青い海。タイにはアジア有数のビーチリゾートが多く点在しています。今回は、定番リゾートから、まだあまり知られていない穴場のビーチリゾートや離島を4ヵ所ピックアップ。今年のソンクランは、ビーチリゾートで思い思いに過ごしてみてはいかがでしょうか。

head_samui

サムイならではのビーチライフ

タイで最も有名なリゾートの1つであるサムイ島。白い砂浜が続くチャウエンビーチには、レストランやクラブが多く集まり、夜にはビーチ沿いのレストランで波の音を聞きながらディナーを楽しむこともできます。オシャレな雰囲気が女性に人気のボプット、サンセットビーチとして名高いタリン・ガムなど、各ビーチによって違った魅力があります。

飛行機:バンコク〜サムイ空港(約1時間5分)

samui_coment

head_カオラック

大人のリゾート地

プライベートビーチで静かな時間を過ごしたい方にオススメなのは、プーケット国際空港から車で約一時間のビーチリゾート、カオラック。どこまでも続く真っ白な砂浜沿いには、洗練された高級リゾートホテルが続々オープンしています。一歩足を延ばすと、手つかずの自然が未だ残る国立公園が。そのときの気分に合わせて贅沢なときを過ごすことができる、まさに大人のためのリゾート地です。

飛行機:バンコク〜プーケット空港(約1時間30分) 車:約1時間

コメントカオラック

ヘッドヤオヤイ

あるがままの自然を満喫

手つかずの大自然と、昔ながらのタイの日常を垣間見ることができるヤオヤイは、近年注目を集めているリゾートです。開発があまり進んでおらず、自然そのものを体験できるのが最大の魅力。島の北側には、美しいホワイトサンドのビーチが広がり、リゾートの雰囲気を満喫できます。静かにゆったりと流れる時間を楽しみたい人にはオススメです。

飛行機:バンコク〜プーケット空港(約1時間30分) 船:ロングテールボートで約1時間

ヤオヤイコメント

リペヘッダー

タイ最後の楽園

“タイ最後の楽園”と呼ばれる、最南端のリペ島。島全体が国立公園として指定され、かつて見たことがない絶景が至るところに広がっています。どのビーチにも歩いていけるほどの大きさの島なので、小さなお子様がいるご家族でも自然の中でのんびり過ごせます。島のメインストリートにはモダンなカフェやレストランがオープンし、新しい島の顔を見せつつあります。

飛行機:バンコク〜ハジャイ空港(飛行機で約1時間25分) 電車:ハジャイ空港〜パクバラ港(ロットゥーで約2時間) 船:パクバラ港〜リペ島(スピードボードで約1時間30分)

リペコメント

 

 


 

Cape Kudu
ケープ・クドゥ

自然残るヤオノイ島で ラグジュアリーなひとときを

タイ国内で高級ホテルを手がけるケープ&カンタリーホテルが、1月に五つ星ホテル「Cape Kudu」をヤオノイ島にオープン。客室は、「Deluxe」「Pool Villa」「Robinson Crusoe Suite」の3タイプ。各部屋からは、自然が残る独特の岩肌、ブルーサファイア色の澄んだ美しい海を一望でき、ロマンチックな時間を過ごすことができます。自慢のインフィニティプールでは、どこまでも続く、果てなき海と一体になったかのような壮大な景色を楽しめます。
同ホテルでは、シュノーケリングやカヤック、ビーチピクニックなどをはじめ、近隣島への観光、伝統的な染絵・バティックペインティング、ムエタイなど、現地の人の生活や文化が覗けるさまざまなアクティビティを用意。また、プーケット国際空港からの送迎サービスもあります。自然の中で、今まで味わったことのない贅沢な時間をお過ごしください。

  • ファブリックはホワイト、ライトグレーを基調としており、落ち着いた雰囲気
    ファブリックはホワイト、ライトグレーを基調としており、落ち着いた雰囲気
  • ウッド調のナチュラルなインテリア
    ウッド調のナチュラルなインテリア
  • 太陽光が差し込む明るいバスルーム。バスタブ付きが嬉しい
    太陽光が差し込む明るいバスルーム。バスタブ付きが嬉しい
  • 手つかずの自然が残るヤオノイ島
    手つかずの自然が残るヤオノイ島

 


 

The Sarann Koh Samui
ザ・サラン・コ・サムイ

自室のテラスで食事も可能 海に面するヴィラで過ごす

サムイ島の東岸、チャウエンノイビーチの先端に建つリゾートホテル「The Sarann Koh Samui」。空港から車でわずか20分の場所に位置し、熱帯林が広がるなど、自然豊かな環境に囲まれています。
客室は全部で4タイプ。「Sea Front Pool Villa」は各部屋から海を臨むことができ、インフィニティ・プールやプライベートデッキを備えるなど贅沢な造り。「Jacuzzi  Villa」と「Jacuzzi Suite」では屋外にあるジャグジーで、満天の空の下、開放的なバスタイムが楽しめます。カップルや小さなお子様のいるファミリーに最適な「Deluxe Room」を含め、どの部屋も広々としており、ゆったりとした休日を過ごせることでしょう。
伝統的なタイ料理をはじめ、各国の料理が堪能できる多国籍レストランのほか、専属シェフによるお部屋での食事も可能。ジムやスパなど、設備も充実しています。
完全プライベートな空間の中、穏やかな時間の流れる同ホテルで、心からのリラックスを。

  • 広々としたバスルームでリラックスタイム
    広々としたバスルームでリラックスタイム
  • 夕暮れ時はデッキでゆったりとまどろんで
    夕暮れ時はデッキでゆったりとまどろんで
  • 海へと続くインフィニティ・プール
    海へと続くインフィニティ・プール
  • 都会の喧騒を忘れる穏やかな時間が流れます
    都会の喧騒を忘れる穏やかな時間が流れます

 


 

The Sarojin Thailand
ザ・サロジン・タイランド

ロマンティックな時間を過ごせる ハネムーンに最適な高級リゾート
数々の世界的な賞を受賞しているラグジュアリーなリゾート「The Sarojin」。プーケット空港から約1時間に位置し、アンダマン海に面した静かなホワイトサンドビーチがすぐそばにあるほか、世界中のダイバーが憧れるダイビングポイントとして知られているシミラン諸島とスリン諸島へのアクセスも便利です。客室は全56部屋。部屋のタイプは、熱帯の雰囲気を味わえる庭沿いの「Garden Residence」(95㎡)、3.5m×5.5mのプライベートプールを備える「Pool Residence」(120㎡)、眺めの良いテラスに直径2mのリラクゼーション・プールを備えた「Spa Suite」(150㎡)、215㎡のスペースを有し、ベッドルームごとの個別の入口があり、プライバシーが確保できる「2 Bedroom Pool Residence」の4種類。広さと充実した設備が特徴です。白い砂浜と美しい海を望みながらアジア料理やカクテルが味わえるレストランと、バンヤンの木の下で食事を楽しめる地中海レストランがあり、気分によって使い分けてください。

  • 天蓋が並ぶプールサイド
    天蓋が並ぶプールサイド
  • 全室バスタブ完備
    全室バスタブ完備
  • 真っ白なビーチが広がる
    真っ白なビーチが広がる
  • ホテル近くの海でダイビング
    ホテル近くの海でダイビング

 


 

The Tongsai Bay Ko Samui Thailand
ザ・トンサイベイ コ・サムイ・タイランド

サムイのとっておき 約束の極上気分
人気リゾート地、サムイ島のトロピカルガーデンに囲まれたリゾートホテル「The Tongsai Bay」。タイ随一の美しい景観に包まれたリゾートとして人気です。83の客室すべてがオーシャンビュー、テラスにはバスタブを用意。部屋はシャレー、コテージ、ヴィラの3タイプ。さまざまな室内デザイン、場所(角度)によって違う景色が楽しめます。なかでも、「Beachfront Suite」は、プールとビーチに面した3階層スイス・シャレー風の佇まいで、家族での宿泊に最適。「Cottage Suite」は、他の客室から離れたプライベート空間で、ココナッツツリーやトロピカルガーデンに囲まれ、南国を感じられます。

また、「Pool Cottage」(全5室88〜98㎡)のテラスには約20㎡のプライベートプールを設置。本格タイ料理レストラン、スパ・マッサージなど、ホテルに一歩足を踏み入れれば、極上の時間を約束してくれるでしょう。今年はホテル開業30周年を迎え、7月に記念イベントを開催予定。ご期待ください。

  • リビングからテラスを抜け、プライベートプールへとつながる「プールコテージ」
    リビングからテラスを抜け、プライベートプールへとつながる「プールコテージ」
  • 「マクギガンコテージ」は、この部屋をこよなく愛したイギリス人夫婦の名前が付いているスペシャルコテージ
    「マクギガンコテージ」は、この部屋をこよなく愛したイギリス人夫婦の名前が付いているスペシャルコテージ
  • シュノーケリング、カヤック、ウィンドサーフィンなどの無料レンタルも
    シュノーケリング、カヤック、ウィンドサーフィンなどの無料レンタルも
  • ヴィラ内でのプライベートディナー
    ヴィラ内でのプライベートディナー

 


拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

 width=

 

 width=

 

 width=

関連タグ

関連記事

おすすめ記事