トゥクトゥク美女が快挙!

「ミス・ユニバース」でタイ代表が27年ぶりにトップ10入り
それ以上に注目されたのは、彼女が身につけた衣装だった

 

昨年末12月21日、ラスベガスで「ミス・ユニバース2015」が開催された。世界中から美女が集まる中、タイからはアニポーン・チャレームブラナウォンさん(21)が参加し、タイ代表として27年ぶりにトップ10に残る快挙を果たした。また、趣向を凝らした衣装を競うコンテスト「ナショナル・コスチューム」では、タイが5年ぶり6回目の優勝。通算6度目の優勝は、世界最多だという。

タイが世界で活躍するという喜ばしいニュースだが、国内では「ナショナル・コスチューム」で着用した衣装が物議を醸した。

衣装は、文化省所属のデザイナー、ヒランキット氏(35)による「トゥクトゥクタイランド」なるもの。トゥクトゥクの前面を大胆にあしらった、いささか奇抜な衣装。これは昨年10月7日に開催されたデザインコンテストで応募総数356件の中からグランプリに輝いた作品だった。ヒランキット氏は「ポップアート・ファッションの手法を用いて、タイを広く伝えようと考えた」と話し、衣装を着たアニポーンさんは、「独創的な衣装。トゥクトゥクは誰もが知るタイのアイコンなので、このコスチュームでステージを歩けば、一目でタイ代表とわかってもらえる」と語った。

インターネットでは衣装に対するコメントが殺到。クリエイティビティを評価する声も一部にはあったが、「来年はトムヤムクンがモチーフか?」「ウケ狙いをしてるんだろ?」「どう見てもヘン。タイ代表としてふさわしくない」など、いわゆる炎上状態となってしまった。

日本人の目線で見れば、そこまで言うほど悪くないのでは? と思うが、これまでのタイ代表の衣装は、タイ産の布地を使った伝統的な衣装だったため、斬新すぎる見た目に反発する人がいたことは想像に難くない。日本でも、着物をアレンジした大胆でセクシーなコスチュームが物議を醸したことは記憶に新しい。

古来から伝わるものに変更を加えようとすると、各方面から反発が起きるのはどの国でも同じなのだろう。

 

関連記事

  1. 狂犬病が猛威

  2. タイのみならず日本でも話題に!違和感だらけのキティちゃん

  3. 毎年発生するタイ北部の“煙害問題”

  4. 犯人を逮捕した日本人が語る”トンロー強盗事件”

  5. バンコク近郊の注目ウォーターパーク3ヵ所を紹介

  6. タイで15歳以下の子どもの死因トップは“水死”。年間1,243人も

  7. 大麻は未来の救世主?

  8. 入隊が決まり卒倒、レディボーイも現れる! カオスな徴兵くじ引き会場

  9. タイのタクシーは右ドア開けるべからず〜トンローで接触事故

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP