バンコクのクリスマスイベント

年の瀬が近づき、ツリーやイルミネーションが街を彩りはじめた
家族やカップルが集まるクリスマススポットを紹介する

国家統計局が2014年10月に発表した、宗教に関する調査結果によると、90%のタイ国民が仏教を信仰している。キリスト教徒は1・1%のみ。しかし、信じる宗教とは関係なく、イベントとしてクリスマスを楽しむ気持ちはタイも日本も同じ。毎年11月下旬になると、至る所にクリスマスツリーやイルミネーションが飾りつけられ、クリスマスソングが街を演出する。会場ごとに趣向をこらした飾りつけやイベントが行われ、見比べるのも楽しい。代表的なクリスマススポットを紹介する。

セントラルワールド

セントラルワールド前の広場には、タイ最大の高さ36mを誇るクリスマスツリーが飾られ、「AHappyFairytale」というイベントを開催。今年は、ディズニーとタイアップを行い、キャラクターをかたどったイルミネーションが人気を集めている。

サイアムパラゴン

サイアムパラゴンでは、毎年、趣向を凝らしたクリスマスツリーが見られる。今年の主役は「マカロン」。同デパート内にある、パリ発のカフェ「ラジュレ」とコラボレーションし、マカロンを飾りつけたツリーが、M階にお目見えした。すでにタイ人のセルフィー(自撮り)スポットになっており、多くの人が撮影に興じている。ツリーを見たあとは、ラジュレでマカロンとお茶を楽しみたい。

BTSプロンポン駅周辺

プロンポン駅直結のエムクオーティエ前の広場をメイン会場に、世界の著名アーティストが手がけたイルミネーション作品を展示する「BangkokIllumination2015」が開催されている。同イベントは、スクンビット・ソイ26から31までの道路沿いと、ベンジャシリ公園でも行われており、プロンポン駅周辺一帯が幻想的なライトアップで彩られる。暦の上では冬だが、バンコクは30℃を超える日が続く。ホワイトクリスマスは望めないが、暑い国でもクリスマスの雰囲気は充分に味わえる。家族、友人、恋人と一緒に年の瀬のイベントを楽しんでほしい。

 

 

関連記事

  1. 借金を繰り返すタイの児童養護施設

  2. 有名税? 議論渦巻くネットいじめ

  3. 12年前の冤罪事件

  4. タイの師走、イベントで大賑わい

  5. “ロットゥー”10年問題

  6. HIV感染をセルフチェック

  7. 経済成長の裏に潜む教育問題

  8. タイの歴史を変えた日

  9. タイ代表、強豪イタリアに打ち勝つ

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP