バンコクの一律無料バスこと通称、赤バスが廃止 !?

政変→改変→大変? バンコク都民の日常の足、
「通称、赤バス」の無料化が2015年7月31日をもって終了

「赤いバスは無料らしい」と一度は耳にしたことがあるだろう。とはいえ、乗ってみたいが、タイ語や乗り方がわからず躊躇してしまうのがバンコク都バス。タイ人にとっては日常の足だが、日本人にはハードルが高い。

噂(無料バスの存在)の真相は本当だった。ただ、残念なお知らせが。無料バスとやらは、2015年7月31日をもって廃止だそうだ。

バンコクを歩けば、赤、白、青などのカラーバスを見かける。知っている人も多いが、色とエアコン付き・なしで、運賃が変わる。
中でも、庶民の足として親しまれているのが、オンボロの赤い車体。通称、赤バス。運賃は朝5時〜23時まで一律6.5バーツ、23時01分〜4時59分まで一律8バーツで、24時間運行という驚愕の路線バスだ。「無料じゃないの?」との質問は半分正解。
無料赤バスは全路線のうち一部(73路線、1日800台)。その他は前述の運賃がかかる。同バスの無料化は、遡ること約7年前。バンコク都知事を経て第33代首相となったサマック政権下で2008年8月に暫定措置として実施された。しかも、当時は、国鉄3等車と電気・水道料金の無料化も一緒に導入するというバラマキ?

否ッッ! 同首相肝いりの太っ腹な低所得者支援策だった。

当然、負担は国費。鉄道とバスだけで、これまでに約240億バーツという血税が注ぎ込まれてきた。懐事情が厳しくなった2010年には、早々に電気・水道の無料化を中止。バスと鉄道についても、再三中止論が検討されながらも、計17回、民主党アピシット政権、タイ貢献党インラック政権でも延長されてきた。

なぜ、プラユット暫定政府は廃止を決めたのか。監督官庁であるプラジン運輸相は、見直しについて「無料バスや鉄道に富裕層や外国人旅行者が利用しているため」と話す。今後は、低所得者のみに限定し、対象者へは無料乗車券の配布、学生・高齢者は身分証や専用カードの提示で無料とする予定なんだとか。

いずれにせよ、無料バスの乗車体験をしたければ、残り数ヵ月。スクンビット界隈では2番、25番、26番の赤バスが無料だそうだ。ただ、乗るのは簡単だが、次のバス停のアナウンスはないので、降車ボタンは感覚で押すしかない。ハードルはまだ高い。

関連記事

  1. 博士号や卒業証明書、学位がお金で買えるタイの実情

  2. 増える観光客、悩めるサメット島

  3. 奇跡の洞窟、“観光地”へ

  4. 妊娠中絶に“明るい未来”を

  5. ゲームはスポーツを超える!?

  6. 女優と無職男性の恋の果ては?

  7. 正当防衛?

  8. 泣き寝入りしないためのタイの郵便知識

  9. 女子高生と結婚? した町長

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP