バンコク近郊の注目ウォーターパーク3ヵ所を紹介

小さな子どもを遊ばせやすく、システムもいたって簡単。
手ぶらで行けるバンコク近郊の注目ウォーターパークを紹介!

4月に入れば、夏到来である。夏といえば海。
バンコクからは、2時間もあれば有名ビーチに行けるが、水と戯れるのは何も海だけではない。タイには“ウォーターパーク”も数多く存在している。

昨年より、ウォーターパークの建設が急増中。今年も新たに2ヵ所増え、来年には3ヵ所がオープンするという。
前述の通り、バンコクから近郊の海に行くためには、どうしても2時間はかかってしまうため、元々ウォーターパークの潜在的ニーズは高かった。

そもそもウォーターパークを説明すると、簡単にいえばプールのエンタメ版。ウォータースライダーがあり、流れるプールがあり……豊島園遊園地(だけではないが)を想像してもらえればわかりやすいだろうか。海に比べて危険性が低いため、子どもを遊ばせやすいというのも大きな利点だ。

運営もシステム化され、リストバンドで、パーク内の支払いをすべて済ませることが可能。
水着やタオルも用意されており、レストランも併設。つまり手ぶらで行っても、楽しむことができる。

現在、バンコク近郊で人気があるのが、下記の3ヵ所。

 

①スアン・サイアム・パークシティ(バンコク)

タイ初のウォーターパークで、開業は35年前。アトラクションが充実する複合テーマパーク。総面積1万3000㎡の流れるプール、長さ500mのウォータースライダーなどが目玉。

 

②カートゥーン・ネットワーク・アマゾーン(チョンブリー)

アメリカのアニメ専門チャンネル「カートゥーンネットワーク」プロデュースの施設。10のゾーンに分かれ、人気キャラクターと遊べる150以上のアトラクションが揃う。パタヤからは車で20分ほど。

 

③ワナナワ・ホアヒン・ウォータージャングル(プラチュワップキーリーカン)

2014年12月、ホアヒンにオープン。その名の通り、ジャングルをイメージし、19種のアトラクションはアメリカから輸入。世界一大きいというウォータースライダーを有し、キッズ・ゾーンも充実している。

 

以上、矢継ぎ早に紹介したが、もしソンクランの予定が空いていれば、気軽に行ける避暑地として、一度ウォーターパークに行ってみてはどうだろうか。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP