一枚で何役? 超便利 ラビットカード

バンコク都民の足「BTS」で使うだけじゃない。
ラビットカードの知られざる利用方法を紹介。

空飛ぶ電車「スカイトレイン(通称:BTS)」。バンコクで生活するには欠かせない交通手段の一つで、タイ語では「ロットファイファー」と呼ぶのだそうだ。

そんな、庶民の足BTSをより便利にさせているのが、ご存知「ラビットカード」。改札口にあるカード読み取り部に、ピッ!とタッチするだけで、改札をスイスイ通ることができる便利なカードだ。

全ての駅で購入でき、1枚300バーツ(預かり金50バーツ、カード代150バーツ、入金100バーツ)。
入金、いわゆるチャージは改札横の駅窓口で行い、上限額は4000バーツ。

また、カードには通常のチャージ式とは別に30日間有効の30−Daysカードがあるのをご存知だろうか。これは、回数内であれば距離に関係なく、料金一律で乗車できるいわば定期券と回数券を併せたようなサービス。例えば、375バーツのカードは、乗車は15回と限られているものの、何駅乗っても1回25バーツ。ちなみに、ラビットカードは日本のスイカやパスモと一緒で、提携しているお店であれば、支払いにも使える。

さらに、ラビットカードの真骨頂と言えるのが「キャロット・リワード」なるサービスだろう。

お手元のカードの裏面上部を見てほしい。そこに記載されている13桁のコードを専用サイトに登録するだけで、次回から100バーツ以上を入金または提携ショップで支払うたびに1ポイントが付与される。貯まったポイントは、毎月メールで送られてくる情報内の商品と交換するか、駅構内に設置されている「キャロット・クーポン・マシン」でさまざまな割引クーポン券と交換できるという。 

しかも、貯めたポイントはクーポン以外にも、電車に乗るためのチャージ金額として交換できるというウルトラCまで備えているというから、まさに至れり尽くせりのカード。

とはいえ、少々、過剰なサービスだったのか?

関連記事

  1. タイ北部チェンライ県で飲める!象から排出される最高級のコーヒー

  2. タイで有名な心霊スポット、バンコクの“幽霊マンション”

  3. 不景気のしわ寄せが子どもに

  4. 2016年、タイローカル“裏10大ニュース”

  5. 高い空港価格にメス

  6. ビルマ王朝末裔がタイドラマに待った!

  7. スポーツでも台頭するタイ〜東南アジア競技大会のハイライト

  8. 東南アジアの麻薬王、逮捕

  9. タイの一日最低賃金、引き上げか!?

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP