PhoenixTech Japan Co., Ltd.

高所作業にも対応。クレーンを用いた据え付けの様子

高所作業にも対応。クレーンを用いた据え付けの様子

高品質ボイラー×独自ノウハウで 日系製造業を熱くサポート

 貫流ボイラーの輸入販売、設置、メンテナンスを手がける「フェニックステックジャパン」。同業界での経験豊富な大野裕史社長と技術者の吉岡聡一GMの下で、迅速かつきめ細やかな日本流のサービスを提供する。
 設立のきっかけは、大野氏が会社員時代に目の当たりにしたボイラーメーカーと代理店の問題山積の状況だったという。「工場のラインを止めないことが、我々の至上命題。メンテナンスが必要とあれば、どこよりも早く現場に駆けつけます」(大野社長)。大手メーカーがさじを投げる複雑な修理も請け負い、緊急要請があれば昼夜問わず対応するなど、真摯なサービス体制に顧客からの信頼も厚い。
 さらに同社では、低燃費かつ長寿命を誇るサムソリューション製ボイラーの販売も行う。配管の工夫ひとつで運転効率は大きく変化すると言い、長年の経験に裏打ちされた同社のノウハウでガス消費量を削減した例は多く、50%以上を節約した顧客もいるという。
 今年1月には、会社設立5周年記念パーティーも開催。同社と取引のある日系大手製造業の関係者が列席し、大変な賑わいを見せた。
 今後の展開を尋ねると、「何よりもまず、お客様の満足度を高めることです。タイ国内はもちろん、近隣国進出のお話があれば労を惜しまずサポートします」と語気を強める大野社長。今、一番熱量を感じる会社だ。

  • 業界を熟知する代表の大野社長は、かつて日系大手ボイラーメーカーの海外駐在員として勤務してきた経歴を持つ

  • 商業施設内の足湯設営の実績も

  • 新機種SEボイラー(左から2番目)を始めとした多彩なラインナップ

COMPANY PROFILE

会社名 PhoenixTech Japan Co., Ltd.
ロゴ
代表者 大野裕史
事業内容 ボイラー機器販売・メンテナンス
設立年 2012年9月
TEL 02-136-3528~9 / 088-871-5175(大野)
住所 RK Biz Center, 36/5 Mortorway Rd., Khlongsong tonnun, Lat Krabang, Bangkok 10520
本社 バンコク
URL http://www.pt-j2.com/
E-mail samsonboiler@pt-j.com

おすすめ記事

  1. THAI SECOM SECURITY
  2. NEPON(THAILAND)
  3. NGO法人京都大学ASEAN拠点
  4. JTB (THAILAND) LTD.
  5. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP