“ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦【第49回】

長谷場:前回はThailand4.0というビジョンとIndustry4.0、ターゲット産業、EECの関係を説明しました。

ミィ:20年後を見据えた壮大なロマンですね。

長谷場:その中で、今回はターゲット産業について説明します。

ミィ:優先する産業のことですか?

長谷場:タイ政府は全ての産業に力を入れていくことはできないので、集中してサポートする産業(ターゲット産業)を決めています。ターゲット産業は①既にタイにありさらに発展させる産業、②現在のタイには無くこれから創っていく産業、という2種類に分けています。①をFirst S-Curve、②をSecond S-Curveと呼んでいます。

ミィ:Sカーブ? え、どんなカーブですか?

長谷場:やはり、そこは分からないですよね。実は、私もタイ政府がSカーブという言葉を使い始めたときに分かりませんでした。タイ政府のThailand4.0のイメージを私流にグラフにするとこのようになります。そしてこのグラフにあるような曲線をSカーブといいます。

ミィ:斜めに傾いた“S”ですね。

長谷場:新しい技術やテクノロジーと一般社会への普及という視点でもSカーブの形になることがあります。例えばフューチャーフォン(いわゆるガラケー)とスマートフォンの日本での普及台数をイメージしてください。

ミィ:ガラケーって、懐かしいですね。

長谷場:ガラケーも1990年代は画期的な商品でした。ところがガラケーの中にいくら機能を詰め込んでも限界があるので、やがて似たような製品になったり、みんなが持ってしまうと販売台数の伸びは緩やかになってきます。

ミィ:1台持っていれば、新しいモノが販売されても、すぐには買わないですからね。

長谷場:そこに新たな技術革新(イノベーション)が起こり、スマホが生まれました。そうすると、ガラケーの販売台数は落ちてきて、スマホが急に普及するようになります。

ミィ:あ、そのイメージ。販売台数のグラフの形がS字に近いかもしれませんね。

長谷場:私が生きてきた時代はポケベル→ガラケー→スマホと移り変わってきたのですが、それぞれの販売台数を見るとSカーブを描いていると思います。

ミィ:世代交代ですね。

長谷場:「これからS字を描くカーブを上に向かって伸びていこうとしている産業(First S-Curve)、まだタイには無いけれどSカーブを描く産業(Second S-Curve)をターゲットにしてタイに誘致していこう」、「(国全体に誘致するのだけれど、できる限り誘致する)場所はすでに産業集積があるEECにしよう」、というのがタイ政府のEECに対する基本的な考え方なんです。

事の依頼や取材申し込みなど、お問い合わせは日本語で : contact@bnk48.com

関連記事

  1. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦【第55回】

  2. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦【第61回】

  3. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦

  4. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦【第33回】

  5. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦

  6. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦

  7. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦

  8. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦【第63回】

  9. “ミィ” 泰のビジネスを学ぶ BNK48大久保美織の挑戦【第44回】

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP