【注目のタイニュース/9月26日〜10月2日】

週刊ワイズで取り上げた【タイローカルニュース】。これさえ読めば、タイの“今”がわかる!?

WiSE_472_32-33

28日、アメリカ・ニューヨークで開かれた、「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ (UHC)の実現に向けて」と題した会議に、日本、タイ、フランス、セネガル、リベリ アなどの各国首脳が出席した。(28日=Royal Thai Government)

ぜいたく元僧侶が米で活動
新たに寺院も建設

マネーロンダリングや未成年に対する性的暴行容疑などで強制還俗処分(僧籍剥奪)を受け、米国に逃亡中のウィラポン・スックポン元僧侶(通称ネーンカム)が西部カリフォルニア州で新たな寺を建設し、宗教活動を再開することが24日、動画共有サイト「ユー・チューブ」への投稿でわかった。それによると、寺院名は「ワット・パーカンティ・バーラミー」で、元僧侶は自らの僧名についても変更し、「プラ・ウィムッティヤーン」と名乗っているという。2エーカー(1エーカーは約4千㎡)の土地を確保し、宗教法人としての登録も行うとしている。元僧侶は、隠し資産2億バーツ以上、メルセデスベンツ22台、プライベートジェット機を保有するぜいたくぶりが問題となり、告発を受けた法務省特別捜査局(DSI)が捜査を開始。詐欺、資金洗浄、脱税、麻薬取引、未成年に対する性的暴行、自動車運転過失致死など8つの罪名で逮捕状が出されていた。(30日=マティション)


 

VAT税率据え置き
1年間は7%のまま

官報は28日、付加価値税(VAT)の税率について、新年度の10月1日以降も現行の7%を維持すると公示した。期間は1年間としており、来年10月以降の対応は後日決定する。法令上の税率は10%だが、経済に与える影響を考慮して、通貨危機後の1999年以降、歴代政権が7%に据え置く措置を続けている。(28日=カプック)


 

2018年は5千万人
外国人観光客予測

タイ政府観光庁は29日、今年の観光業予測と来年以降の見通しについて発表した。それによると今年は最大で3000万人の外国人観光客がタイを訪れるとみており、観光収入の見込み総額は2兆2000億バーツ。前年比18%増の高い伸びが見込まれている。来年以降については、2016年が3600万人、17年が4300万人、18年が5000万人とそれぞれ予想しており、来年の観光業収入は3兆バーツと試算している。今後の観光のあり方については、バンコク、プーケット、チェンマイ、パタヤ、チョンブリーなどの従来の人気地に加えて、全国77県にある新たな観光スポットを紹介していく必要があるとして、観光案内所の設置などを提言している。(29日=ポスト・トゥデイ)


 

風呂場のぞいた男を撲殺
住人の夫が犯行認める

先月28日、南部ソンクラー県の民家で、風呂場をのぞき見した男を住人が撲殺する事件が起きた。死亡したのは30歳のタイ人の男で女性がシャワーを浴びているのを窓越しにのぞき見をしていたところ、夫(32)に気づかれ、木の棒で頭などを殴られて間もなく死亡したという。男は前日に引っ越して来たばかりで、事件前に友人らと酒を飲んでいた。夫は殴ったことを認めたうえで「死ぬとは思わなかった」と供述。警察は罪状などについて検討している。(28日=カオソッド)


 

中華街で屋台撤収騒ぎ
バンコク都庁が通告

バンコクの中華街ヤワラート地区にある市場「サパーンレック」について、バンコク都庁は29日、10月13日までにすべての建物を撤収するよう関係者に通告した。市場にはゲームソフト店や玩具店など約500の屋台が入居しており、一斉に反発している。通告は、都庁が進める屋台規制の一貫として行われた。撤収しない場合は10月20日に都職員が強制撤去するとしている。(29日=カプック)


 

父の日の自転車イベント

父の日(国王誕生日、12月5日)を記念した自転車のイベント「バイク・フォー・ダッド」が、早くもインターネット上で話題となっている。母の日(王妃誕生日、8月12日)のイベントを主催したスリヤン・スジャリットポンウォン氏が参加を呼びかけるバナーを作成し、ネット上に公開している。イベントの開催は12月11日(金)を予定。午後3時にラマ5世騎馬像を自転車でスタートし、中華街ヤワラートを経由、ラチャプラソン交差点に至るルートなどが検討されている。(28日=タイラット)


 

21年観光労働力予測
タイはワースト3位

シンガポール政府観光局は、2021年時点でのアジア主要国における観光産業労働力予測を発表した。それによると、最も労働者が不足すると見込まれるのは中国で449万人。次いでインドの153万人、3位にタイが入り106万人の労働者が足りなくなると予測している。背景について同観光局は、観光産業に従事する労働者の教育体制の未整備を挙げている。発表したアンドリュー・プア氏は「この問題が解決されなければ、年末のアセアン経済共同体(AEC)の発足も徒労に終わる」と指摘した。(27日=プラシャシャート)


 

象使いが客に暴行
被害者はマレーシア人

南部ソンクラー県ハジャイ署は27日、マレーシア人観光客に暴行した疑いで、いずれも象使いでタイ人のトンスック・ウドムサップ容疑者(47)と2人の少年を逮捕した。もう一人の象使いの男が関与しているとの情報もあり、関連を調べている。調べによると、トンスック容疑者らはマレーシア人観光客2人を象と遊ばせた後、客がサトウキビを購入しなかったことに腹を立て、象を操る時に使う道具で頭部を殴り、けがを負わせた疑い。客の一人は7針を縫う大けがを負った。(27日=デイリーニュース)


 

賭けで負けて狂言
牛売却代20万B

サコンナコーン県ムアンサコンナコーン郡で25日、タイ人の男(45)が強盗の被害に遭ったと現地の警察署に届け出た。警察で事情を聞いたところ、男はムックダーハーン県で牛を売って帰る途中、3人組の男に車を止められ、フロントガラスを割られて中にあった売上代金20万バーツを奪われたと説明。ところが内容に不自然な点があったことから、さらに確認を求めると、20万バーツはギャンブルで負けて失ったと自供。妻に知られたくないために嘘をついたと供述した。(27日=タイラット)


関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP