【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶バンコク日本人商工会議所 (JCC)

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

日タイビジネス商談会
日系180社、タイ84社参加

マッチングサービスの需要の高まりをみせる多くの企業が参加(写真:JCC提供)

バンコク日本人商工会議所(JCC)は9日、日本政策金融公庫やタイ投資促進委員会(BOI)と共催で、今年で9回目となる「日タイビジネス商談会」を国際展示場「BITEC」で開催。いずれも 、申し込みベースで 過去最高となる現地日系企業180社、タイ企業84社が参加。商談会に訪れた企業も、昨年の207社から264社と大幅に増加した。同商談会は、在タイ企業の販売先・仕入先の分散、経費削減等に係るサポートの一環として、新たな取引先開拓(販売先、仕入先等)の支援が目的。通常の見本市は、売りたい側が出展するが、同商談会は「逆見本市」で、買いたい側が出展し、自社製品やサービスを売り込みたい(買いた い側)側が出展企業を周り、商談するユニークな試み。JCC事務局によれば、「課題は過当競争です。日系企業同士に限らず、タイ全体で競争が激化している」とした上で、商談会については「昨年、タイの参加企業は36社だったので、倍以上になりました。今年は、タイ投資委員会(BOI)や工業省の協力もあり、ひとつのスキームとして確立しつつあるのではと感じています」と感触を示した。また、ある日系製造メーカーは、「タイは進出する日系企業も多く、欧米やローカル含めて競争が激化している 。コス ト削減を図るためにも、新たな調達先を探すのは急務です」と話す。JCCは、現在、約1680社が会員。


 

12/1 チョコクロのサンマルクがタイ初上陸
サンマルクカフェ

日本のベーカリーカフェチェーン「サンマルクカフェ」のタイ1号店が1日 、セントラル・ワールドの3階にオープンした。運営は、タイで飲食チェーンを手掛けるマイルストーン・フード&ビ バレッジが、サンマルクとフランチャイズ(FC)契約を結び行っている。店舗面積85m²(35席)。今後は、タイ国内で積極展開するという。


 

12/7 日本コンテンツをタイでアピール
ベクトル

総合PR会社のベクトル(東京都港区)が7日、経済産業省から「平成27年度新興国市 場開拓等事業費補助金(クールジャパン・ワールドトライアル事業)」の事業者として採択さ れた。今後、同社はタイをはじめ、マレーシア、中国などで日本発の商品やコンテンツ市場の拡大を目指す。


 

12/7 タイで女性向けスマホゲームの配信を開始
インデックス

モバイル機器向けコンテンツ事業を手掛けるインデックス(東京都品川区)のタイ現地法人Index Asia Ltd.は7日、タイ国内における「夢王国と眠れる100人の王子様」の配信許諾契約をジークレスト(東京都渋谷区)と締結した。同作は2015年3月から配信を開始した女性向けスマホゲームで、日本国内では200万ダウンロードを記録。タイで女性向け恋愛ゲームの需要が高まっていることを受けたもの。


 

12/8 タイに自社工場を建設
日本エー・エム・シー

国際協力銀行(JBIC)は8日、自動車や建設機械の高圧配管用「継ぎ手」の専門メーカー日本エー・エム・シー(福井市)のタイ法人BANGKOK-AMC CO., LTD(. BAMC)と 5,600万バーツ(JBIC分)を上限とする貸付契約を結んだと発表した。福井銀行との協調融資となる。BAMCは、今後、自社工場を建設し、タイにおける事業拡大を目指す。

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP