【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶三菱重工サーマルシステムズ

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイ合弁MACO社
第3工場および電装工場が竣工

三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズは7日、タイの合弁企業で家庭用および業務用エアコンの生産・販売を手掛けるMitsubishi Heavy Industries – Mahajak Air Conditioners Co., Ltd.(MACO社)の増産に向けた既存2工場の設備増強と第3工場ならびに電装工場の新設工事を完了し、生産を開始したと発表した。

世界的な空調ニーズの高まりとアジアを中心とする家庭用・業務用エアコンのニーズ拡大を背景とする需要増大に対応して、MACO社をさらなるグローバル生産の中心的拠点に育成するのが狙いだという。同日現地で竣工式を開催した。

新設した2工場のうち、第3工場では家庭用・業務用エアコンの樹脂および板金部品を製造し、電装工場ではエアコンの基幹部品である電装基板などの実装を手掛ける。生産能力の増強により、2020年度には年産個数を2015年度比30%増の270万個にする計画だ。併せて、設備や工法の見直し、組み立ての同期化などにより生産効率の向上にもつなげ、コスト競争力の強化および仕掛かり・製品在庫の削減を図っていく。

 

第3工場

第3工場

電装工場

電装工場

 


 

1/28 チャリティーマラソン「Run & Share」
Brother Commercial

Brother Commercialは1月28日、ラマ8世橋付近にてチャリティーマラソンを開催。今年で4回目となる同イベントは、同グループがグローバルに展開する社会貢献活動のひとつ。約2000人の登録料と寄付金で集まった収益金は、全額国立ラマティボディ病院に寄付され、がん患者の治療及び研究費に充てられる。同社の藤本MDは「今後もタイ社会における地域貢献活動を継続していきたい」と述べた。

約110万バーツの収益を発表する藤本MD(中央右)

約110万バーツの収益を発表する藤本MD(中央右)

 


 

2/6 厚板事業でタイ初の出資
JFE商事

JFE商事は6日、タイ現地法人であるSUGA STEEL(THAILAND)の一部株式の取得を実施したと発表した。同社のタイ厚板事業では初の出
資となる。SUGA STEEL(THAILAND)は、2012年に設立した建機メーカー向け厚板溶断のシャーメーカー。主に同国に進出している日系建機メーカーに対し、厚板溶断製品の加工・販売を行っている。今後、同社は受注拡大に伴い18年4月に新工場に移転し稼働を開始する予定だという。

 

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP