【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶帝人

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

初の広告展開を発表 タイのメッシと1年契約

帝人のタイ現地法人テイジン・ポリエステル(タイランド)が同地における初の広告展開を開始する。9日、会見を開き、広告塔として、タイ・プレミアリーグのムアントン・ユナイテッドFC所属でタイ代表でもあるチャナティプ・ソングラシン選手の起用を発表した。今後は、5月1日から、同地における帝人ブランドの認知度向上と人材採用促進を目的に、テレビ番組、屋外看板、オンラインメディア、リクルートフェア出展などを展開する。
現法トップの坂田忠氏社長は「これまで帝人グループとして、サッカーとは様々な面で関わってきこともあり、タイのメッシこと同選手に声をかけました」と起用理由を明かした。
会場には同選手も出席し、「帝人がタイの地で、子ども向けのサッカークリニックの開催に貢献していることや、同社の人工皮革『コードレ』を使ったサッカーボールを学校へ寄贈していると聞き、声をかけていただき逆に嬉しい」と話した。

 

同日開かれた調印式に出席したチャナティプ選手(中央)と坂田社長(右)

同日開かれた調印式に出席したチャナティプ選手(中央)と坂田社長(右)

 

 


 

3/7 オオイテクニカに1,400万B貸付
国際協力銀行(JBIC)

国際協力銀行(JBIC)は7日、各種産業に用いられる金属部品のプレス加工と金型の製造・販売事業を行うオオイテクニカ(東京都)のタイ現地法人OOIMと1,400万バーツの貸し付け契約を締結したと発表した。東邦銀行との協調融資で、総額は2,000万バーツとなる。
OOIMがタイのサムットプラカーン県において実施する、スマートフォン用フレキシブル基板製造に用いられるステンレス部品、自動車ヘッドライト用LEDに用いられるアルミ部品等、各種産業用金属部品の製造・販売事業に必要な資金を現地通貨建てで融資するもの。

 


 

3/15 「YourMobile」をソイ39に移転
J Communication Service

タイで携帯電話サービス「YourMobile」を提供するJ Communication Serviceは15日、スクンビット・ソイ39に移転・新規オープンした。移転に伴い、エカマイ本店とソイ33/1店は閉店する。

 

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP