【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶河村電器産業

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

現地企業を子会社化 ASEAN初の生産拠点

受配電機器メーカーの河村電器産業(本社愛知県)は、先月発表済のタイ現地法人Kawamura Electric Sales(Thailand)と共同で実施した、タイの受配電機器メーカー「Thai Aichi Denki」の子会社化に関する記者発表・懇親会を10月6日、バンコクで開催した。河村電器にとっては、東南アジア諸国連合(ASEAN)初の製造拠点となる。 これまで同社は、タイを含むASEAN諸国において、中国で生産した製品をタイの販売会社を通じて販売してきた。子会社化(製造拠点の確保)により、販売に伴う物流コストの削減や納期短縮、ならびに各国の仕様に合わせた製品開発が可能になり、ASEAN戦略を加速させる。
一方、Thai Aichi Denkiは、1972年にタイで設立され、タイをはじめとしたASEAN各国の日系企業を主要顧客として、配電盤・制御盤・分電盤等の受配電設備機器の設計・製造・販売をしてきた。また、配電盤をはじめとしたリニューアル工事や電機設備メンテナンス全般にも強みを持ち、製品とサービスの製販一体に定評がある。
従業員数は、157人、年商(2015年実績)約2億8,000万バーツ。子会社化後も、今井勇夫社長ら現経営陣がそのまま舵取りを担うという。

(左)Kawamura Electric Sales (Thailand)の 河村幸俊社長とThai Aichi Denkiの今井勇夫社長

(左)Kawamura Electric Sales (Thailand)の河村幸俊社長とThai Aichi Denkiの今井勇夫社長

 


 

09/28 タイ合弁を連結子会社化、10月3日付で社名変更
日本通運

日本通運は9月28日、タイ現地法人「タイ日本通運倉庫」の社名を、10月3日から 「日通ロジスティクスタイランド」に変更すると発表した。これは、合弁先のタイ企業から株式を取得したことを受けての措置。同社は1991年にタイ企業との合弁で設立。以来、タイ国内9都市10拠点で海運フォワーディング・通関業務・国内および越境トラック輸送・倉庫配送などのサービスを提供してきた。

 


 

10/06 GMOクリックHDが現地子会社を設立
GMOクリックホールディングス

GMOクリックホールディングスは6日、 タイで証券業務を行うため、今年12月に現地子会社「GMO-Z com Trade(Thailand)」を設立すると発表した。事業開始はライセンス取得を待って、来年9月を予定する。タイ進出はASEANでの金融サービス需要を見込んで決めた。資本金は1億バーツで、 GMOクリックが99.99%を出資する。

関連記事

  1. 2019年、タイの3大トピック

  2. 低迷続く、観光地プーケット

  3. タイの師走、イベントで大賑わい

  4. 正当防衛?

  5. STOP! バイクの歩道走行

  6. ムエタイに年齢制限は必要か

  7. 亡き父親の仇

  8. 同性婚が認められる日

  9. 妊娠中絶に“明るい未来”を

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP