【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶積水化学工業

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

積水70年の技術を投入
タイで初の住宅共同開発

積水化学工業(SCC)は10月30日、同社グループのユニット住宅製造「SEKISUI-SCG INDUSTRY」(SCG)、タイの不動産デベロッパー「SIAMESE ASSET」(SA)と共同開発した建売住宅「サイアミーズ・キン(金)」を発表した。

開発用地はバンコク・ラムイントラ通り沿い、2020年完工見込みの首都圏鉄道「ピンクライン」(バンコク北郊ノンタブリ県ケーライ~ミンブリー)沿線に位置する。タウンハウス64戸、一戸建て43戸の計107戸を、500万〜1,500万バーツで販売。2018年6月竣工を目指すという。

“Smart Living House”をコンセプトの掲げ、耐久性・断熱性・遮音性に加え、バリアフリー対応、また、ソーラーパネル設置などによるエコを実現。出先からスマホで住宅設備の操作ができるなど最新テクノロジーも取り入れる。

SCCは1971年に住宅事業参入以降、工場で70%を組み立てる“モジュラーハウス”で60万件以上の引き渡し実績を持つ。

SCC住宅カンパニーの本間克巳海外事業推進部長は、「3社共同で、タイ住宅事業でイノベーションを続けていきたい」とコメント。同社がタイのデベロッパーと住宅を共同開発するのは、今回が初めて。今後はSAとの合弁や、自社拠点設置も視野に入れているという。

積水化学工業住宅カンパニーの本間克巳海外事業推進部長(左)、SIAMESE ASSETのKajornsit Singsansernマネージングダイレクター(中)、SEKISUI-SCG INDUSTRYの藤原雅也マネージングダイレクター(右)

積水化学工業住宅カンパニーの本間克巳海外事業推進部長(左)、SIAMESE ASSETのKajornsit Singsansernマネージングダイレクター(中)、SEKISUI-SCG INDUSTRYの藤原雅也マネージングダイレクター(右)

 


 

10/30 自動車用プレス・樹脂部品の工場。19年に納入開始
太平洋工業

自動車部品メーカーの太平洋工業は10月31日、タイ子会社 Pacific Auto Parts(Thailand)が東部ラヨーン県のサイアムグリーンシティ工業団地に建設していた自動車用プレス・樹脂部品の工場が完成したと発表した。今後は、生産設備を整え、2019年に製品納入を開始する。

 


 

10/31 広島アルミニウム工業の現法に協調融資
国際協力銀行(JBIC)

国際協力銀行(JBIC)は10月31日、三菱UFJリースのタイ法人バンコク三菱UFJリース(BMUL)と約38万5,000ドルを限度とする貸し付け契約を締結したと発表した。民間金融機関との協調融資で、融資総額は約56万6,000ドル。

融資は、広島アルミニウム工業(広島市)のタイ現地法人ハル・アルミニウム(タイランド)が実施する自動車部品の製造・販売事業に必要な設備をBMULからファイナンス・リースで調達する。

 


 

10/31 タイ合弁を子会社化、アプリ開発・SIサービス強化
伊藤忠テクノソリューション

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月31日、タイ合弁会社Netband Consultingの株式55%を合弁相手のVnet Capitalから11月中に追加取得し、完全子会社化すると発表した。

タイの日系企業を中心にアプリケーション開発やSIサービス事業の拡大に注力する中で、伊藤忠商事の現地戦略パートナー及び伊藤忠グループ各社との更なる取引拡大が見込まれたため。

 

関連記事

  1. 労働者の97%が債務者

  2. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶a2network (T…

  3. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶三重県

  4. タイ経済、好調の波続く

  5. タイ美女代表、惜敗に涙

  6. 知ってる? TCCグループ

  7. 宰相の憂鬱

  8. 【タイローカル10大ニュース・2015】

  9. EECに熱視線

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP