【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶THAIFEX 2018

経済成長を続けるタイで、躍動する日系企業の“いま”をトピックで紹介。

タイ最大級の食品見本市開催
「ジャパン・パビリオン」大盛況

5月29日(火)~6月2日(土)、タイ最大級の食品見本市「THAIFEX 2018」 が開催された。昨年同様、今年も各国から約2000社が出展した他、アンチエイジングやウェルネスに焦点を当てたシニア向け食品や、ハラールフードを紹介するブースなども展示。さらには、飲食産業における最新技術の紹介など、飲食事業関係者らを中心に多くの来場者が会場に足を運んだ。

近年、海外を賑わす“日本食ブーム”はタイも然り。毎年最も注目を集めるブース「ジャパン・パビリオン」には、精肉・肉加工品をはじめ、水産物・水産加工品、菓子、飲料、業務用食材などが勢揃い。各社共、タイをはじめとしたASEAN地域への日本産農水産物・食品の販路拡大を目指し、世界各国から来場したバイヤーらと商談を行った。

今回、初参加となる日本政策金融公庫の農林水産事業部では応募を募り、牛肉や海産物などを取り扱う5社が参加した。同公庫では1ブースを1/2のスペースにすることで、出展各社の負担を軽減。また、通訳やスタッフなども同公庫側で用意するなど、出展ハードルを下げる工夫をしたという。

同公庫バンコク駐在員事務所の清水勝之氏は、「農林水産業を成長産業とするために、国産農水産物・食品の『輸出』を促進することが国の重点的な取組みに位置づけられているなか、当公庫でも海外展開を希望する各社様を積極的に支援していきたい」と話した。


 

5/23 サンシリと第2、3弾プロジェクト
東京急行電鉄

「東京急行電鉄」と、タイで日本人向け賃貸住宅の運営・管理をしている「Saha Tokyu」、及びタイの大手デベロッパー「Sansiri」の3社は5月23日、合弁会社「Siri TK Two」と「Siri TK Three」を3月に設立し、バンコクにおいて、分譲住宅事業の第2、3弾プロジェクトの開発に着手すると発表した。第2弾プロジェクト「(仮称)エカマイ11」は、38階建て、7月着工予定。第3弾プロジェクト「(仮称)スクムビット50」は、都心に通勤するタイ人や、外国人駐在員への賃貸を目的とするタイ人・外国人投資家などをメインターゲットとし、「都市における特別な安らぎの空間」のコンセプトに基づいた8階建ての低層コンドミニアム。2019年の入居開始を予定する。

5/24 小口保冷配送サービスの国際規格を取得
SCG Yamato Express

「ヤマトアジア」と「SCG セメントビルディングマテリアル」との合弁会社である、「SCG Yamato Express」は5月24日、小口保冷配送サービスに関する国際規格 PAS 1018:2017の認証を取得したと発表した。世界的に高まる保冷宅配サービス需要に対し、品質を担保し、安心感を提供していく。

左から、「SCG Yamato」濱西洋司取締役社長、「BSI Thailand」 Bookkhalakorn Chaidee 統括営業本部長、「SCG Yamato」山崎栄取締役副社長


 

関連記事

  1. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶HIPSTORES PT…

  2. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶東京急行電鉄

  3. 疑問視される電子決済

  4. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶バンコク日本人商工会議…

  5. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶OKIデータ

  6. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶滋賀県

  7. 14歳女性に40人の魔の手

  8. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶コーセー

  9. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶国土交通省

おすすめ記事

  1. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス
  2. BOI (The Board of Investment)
  3. WORLD SAHA FASHION CO., LTD.
  4. THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.
  5. バンコク地方銀行所長会

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP