ビューティー市場急拡大!!

ヘルスコンシャスに続くブーム到来か

フィットネスやランニング、オーガニックなどといった言葉をキーワードに、空前のヘルスコンシャスブームが続くタイ。内面=外見の方程式然り。タイ国内では化粧品やスキンケアといったビューティー市場が拡大の様子を見せている。2017年から現在の市場は約1,680億バーツ(約5,734億円)と、2年前に比べて約8%上昇。今後のさらなる成長を見込み、タイ企業が着々と動き出した。

今年、商業施設運営大手のサイアム・ピワット・リテール・ホールディングスは、日本の美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルと合弁会社を設立。東南アジア1号店となる「アットコスメストア」を、11月開業の大型複合施設「アイコン・サイアム」内にオープンする。同ホールディングスのウサラーCEOは「日本で成功しているビジネスモデルを踏襲して、タイのビューティー市場に新しい旋風を巻き起こしたい」とコメント。日本同様、店内には売れ筋ランキングを展示。SNSでの拡散などで購買意欲をかき立てる狙いだ。その他、タイの美容総合ショップ「Beauty 24」は来年、MRTやBTS構内、スーパーマーケット、アウトレットなどでフランチャイズを展開予定。1000以上の支店オープンを目指すという。

一方、スーパーマーケット「トップス」を展開するセントラル・フード・リテールは、調査によって35歳以上の社会人のヘルスケア意識が特に高かったことを受け、ヘルスケアとビューティー両売り場の拡大とさらなる充実を図るために実店舗と同社ECサイト「LOOKS」の連携に乗り出した。売上高15〜20%増を目標に、まずはラマ3店にて実施。年内に10支店へ拡張する予定だという。

ここ数年、バンコクで毎年開催されるアジア有数のビューティー関連の国際見本市「ASEAN Beauty」や「Beyond Beauty ASEAN BANGKOK」も年々活気を増し、来場者は2万人以上だという。ライフスタイルの変容が、タイ経済に影響を及ぼしているのは間違いない。

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP