生霊の仕業?

 

精霊を筆頭に、超自然的存在に寛容なタイ。
成仏できない生霊が起こした事件とは?

 

18日、TV番組の生放送中に突如涙を流し始めた友人の母親

サムットプラカーン県で16日未明、女性3人が死傷する事件が発生した。犯人は近所に住むラオス人男性。現場にあった包丁でタイ人の祖母と孫2人を次々に刺した後、現金約6,000バーツや金のネックレスを奪い逃走したが、ラオスとの国境ムクダハン県のメコン川船着場で警察が逮捕。麻薬資金に困った末の犯行だったという。祖母と孫1人が死亡し、もう1人の孫は重傷を負った。

しかし、事件直後から奇妙な現象が発生。亡くなった孫の友人に生霊がとり憑いたというのだ。数日に渡り涙を流し続ける子どもを心配したその両親は、僧侶に供養を依頼。僧侶は、未練を残したまま世を去った友人の生霊にとり憑かれた、と説明したうえで連日供養を試みたが、効果はなし。火葬式当日に僧侶が「一緒に火葬場に行こう」と説得し、ようやく生霊は友人から離れたという。

また、18日には亡くなった3人の親戚と、生霊にとり憑かれた友人の母親がTV番組に登場。生放送中に突如その母親が涙を流し始めたため、母親もとり憑かれたのでは、と視聴者からコメントが殺到したという。

一方、現在仕事のため韓国在住の亡くなった子どもの母親は、事件を聞き号泣。犯人のことは一生許さない、と涙ながらに語った。また、自分の子どもが生霊となり、とり憑いた件に関しては「とり憑いた時にその友人とビデオ通話をした際、声や振る舞いが自分の子どもと全く同じだった」とコメント。古来から、超自然的存在を信じるタイならではの解釈と言えようか。何はともあれ、亡くなった3人の冥福を祈る。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP