“ロットゥー”10年問題

 

安い・早い・広範囲という三拍子揃った送迎車
“ロットゥー(バン)”1800台以上の処分を発表

 

陸上運送局のチャードチャイ局長はこのほど、「バンコク首都圏内、バンコクと地方間、地方間で10年以上走行するバンを処分する」と発表した。現時点で該当するのは248台だが、年内に1800台以上の処分が確認されている。バンのオペレーター協会は、利用可能期間を15年に延長するよう求めたが、安全性の理由で却下された。

バンの魅力は、とにかく安いこと。また通勤や里帰り、旅行など、BTSや大型バスのルートを埋めるように小回りよく走るため、地元に根づいた“庶民の足”とも言える。バンコクでもっともバンが集まる「ビクトリーモニュメント乗り場」では、年内に819台が処分予定だという。車両数の激減によって利用者からは、「自宅付近はバスも電車も通ってないため、バンが減るのは困る」という声が上がる一方で、今回の方針に対しては賛同する声がほとんど。なぜなら、バンによる事故は多発しており、昨年は年間236件、負傷者906人、死亡者113人に上っている。一番の事故原因は運転手に起因するものだが、2番目に挙げられるのは車両トラブル。安全性を重視した方針に、当然ながら皆、好意的に受け止めている。

今後、違反者には最大10万バーツの罰金または5年の拘置が科され、そのバンの乗客は保険対象外になるという。加えるならば、日常的な利用者に向けた、車両減少に伴う新たな対策にも期待したい。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP