“ロットゥー”10年問題

 

安い・早い・広範囲という三拍子揃った送迎車
“ロットゥー(バン)”1800台以上の処分を発表

 

陸上運送局のチャードチャイ局長はこのほど、「バンコク首都圏内、バンコクと地方間、地方間で10年以上走行するバンを処分する」と発表した。現時点で該当するのは248台だが、年内に1800台以上の処分が確認されている。バンのオペレーター協会は、利用可能期間を15年に延長するよう求めたが、安全性の理由で却下された。

バンの魅力は、とにかく安いこと。また通勤や里帰り、旅行など、BTSや大型バスのルートを埋めるように小回りよく走るため、地元に根づいた“庶民の足”とも言える。バンコクでもっともバンが集まる「ビクトリーモニュメント乗り場」では、年内に819台が処分予定だという。車両数の激減によって利用者からは、「自宅付近はバスも電車も通ってないため、バンが減るのは困る」という声が上がる一方で、今回の方針に対しては賛同する声がほとんど。なぜなら、バンによる事故は多発しており、昨年は年間236件、負傷者906人、死亡者113人に上っている。一番の事故原因は運転手に起因するものだが、2番目に挙げられるのは車両トラブル。安全性を重視した方針に、当然ながら皆、好意的に受け止めている。

今後、違反者には最大10万バーツの罰金または5年の拘置が科され、そのバンの乗客は保険対象外になるという。加えるならば、日常的な利用者に向けた、車両減少に伴う新たな対策にも期待したい。

関連記事

  1. 国民の心を動かした“トゥーン現象”

  2. 安全? 疑問符だらけの給食牛乳

  3. 狂犬病の迷信、さらなる悲劇へ

  4. 【注目のタイニュース/5月9日〜15日】中国マルチ企業が豪華旅行!費用は総額6億バーツ

  5. タイのロック王拘束!

  6. タイの刑事裁判に潜入! (前編)〜”トンロー強盗事件”の初公判

  7. TOEIC400点は高い? 低い?

  8. 【タイ進出動向】曙ブレーキ、自動車市場の回復見込み工場建設 他

  9. ユーロ賭博で動く578億B

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP