同性婚が認められる日

 

ニューハーフショーが観光産業の一部のタイ。
真のLGBT擁護を目指し、新たなページをめくる

 

性的少数者「LGBT」の人権、特に同性婚を国家(法的)が認めるか否かは、先進国を中心に議論が進んでいる。そんな中、一足お先にタイで同性婚を認める法案が承認されそうだ。地元紙によれば、同性婚を認める法案は2013年に一度、提案されるものの、14年のクーデターで廃案となっていた。

ところが突如、プラジン法務相が「早ければ11月下旬にも内閣へ提案し、承認されれば来年中にも施行される」と発表。現在は、同省サイト内で公開され、パブリックコメントを実施中。また、内閣提案までの間に、バンコク、アユタヤ県など地方でもセミナーを開催し、国民の意見を広く求めていく。

タイは、世界においてLGBTに対して比較的寛容な国のイメージが強いだろう。ある識者も「タイには約600万人のLGBTがいると言われ、もはや国民としては少数派ではない」と話し、政府観光庁は「LGBTの観光客がさらに増える」と賛成派は多い。一方で、「人口減少に繋がる」や「伝統的な結婚制度が壊される」といった反対意見もある。

気になる法案の中身は、同性での婚姻(戸籍)が認められる他、遺産相続権、離婚請求権(慰謝料や財産分与)が与えられる。ただし、養子縁組については組み込まれず、将来的な検討事項とした。法案が施行されれば、アジアでは台湾に続いて2カ国目。開かれた国のイメージが高まるだろう。

関連記事

  1. 有名税? 議論渦巻くネットいじめ

  2. 権力者の揉み消しNO!

  3. 制服 or 私服?

  4. 自殺を生中継するメディア

  5. 揺れ動くタイのいじめ事情

  6. 【注目のタイニュース/8月1日〜7日】タイの相続税、2016年実施 他

  7. 日中タイの三角関係

  8. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶東京都中小企業振興公社

  9. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶日本信号

おすすめ記事

  1. 腰痛
  2. ソンクラン 旅行特集 第1週
  3. ストレスと凝り
  4. スポーツ障害
  5. チャトチャックECへ

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP