『ミシュランガイド バンコク版』

昨年からタイ国内で噂が流れていた同ガイド。
ついにその全容が正式公表された。

 

タイ国政府観光庁ユタサック総裁は先月21日、フランス・ミシュラン社協力のもと、年末に『ミシュランガイド バンコク版』を発行すると発表。1900年発行のフランス版を皮切りに、現在までに世界28都市で発行されてきた同ガイド。今回のバンコク版は、アジア地域6都市目。東南アジアでは、シンガポールに次ぐ発行となる。
『ミシュランガイド』では、調査チームが客になりすまし、食材の質、調理技術の高さと味付けの完成度、独創性、コストパフォーマンス、料理全体の一貫性という5つの総ポイントを星印で格付け。一つ星はそのカテゴリーで特に美味しい料理、二つ星は遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理、三つ星はそのために旅行する価値がある卓越した料理、という評価基準だ。
発行にあたり政府は、国家予算1億4,350万バーツを投じることを承諾。ユタサック総裁は、「外国人富裕層客の呼びこみにも繋がり、タイ観光産業にとっても大きなメリットが期待できる」とコメント。一方、ゴブカーン観光・スポーツ相は、「タイ料理産業の収入については、現在より15〜20%増を見込んでいる。また、タイ料理の国際的地位も上がるだろう」と話している。
同ガイドのバンコク版発行後は、各地方レストランの調査も検討しているとのこと。これを機に、ますます国際化が進むタイが楽しみだ。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP