キレやすい家族

警察を前に「住まわせて」と嘆願した家族

自らSNSへ投稿するもブーメラン。
県民から総スカンで「追放」

 

SNS上にアップされたある家族の問題動画をきっかけに、その一家が住むラヨーン県の住民らが、「一家を県外へ追放する」といきり立ち、騒ぎとなっている。

事の発端は、渦中の家族の息子が、駐車違反を警察に咎められ、その後、駆けつけた両親ともに“キレている”動画がSNSに掲載されたことに遡る。後日、警察は動画を証拠に家族を事情聴取するも、一家の息子が「誰も暴行はしていない」と無実を主張。逮捕された母親のハタイラット容疑者も、「私はタマサート大学の法学部出身でこの映像では罪にならない」と否認。署内で騒ぎ立て、その一部始終を第三者が撮影し、SNS上に掲載したことで、さらに騒ぎはエスカレート。

ネット上では、「キレやすい家族」と題して批判が殺到。その後、次々に一家の経歴がネット住民によって暴かれ始め、母親が大学を出ていないことに加え、過去にも同様の事件を起こしていることが判明した。

それを引き金に、「県民としての総意」として、一家を県外へ追放する動きにまで発展。連日、ネット上でこの一家への批判・中傷が書き込まれていく。困り果てた一家は、警察署に出頭し、すべてを謝罪。「確かに暴行しました。反省しますので、ラヨーン県に住まわせてください」とメディアに向かって嘆願した。

ちなみに、タイの駐車違反の罰金は200〜500バーツ。警察は「法律に則り罰せられるでしょう」とコメント。キレた代償は大きい。

関連記事

  1. タイで最も注目を集める有名人を紹介

  2. 【注目のタイニュース/1月2日〜9日】​邦人男性殺害事件続報

  3. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶オリンパス「カメラ事業8…

  4. 【注目のタイニュース/8月1日〜7日】タイの相続税、2016年実施 他

  5. 生態系を脅かす外来種

  6. タイのTopics 2018

  7. ギンジェーを試してみた

  8. タイで有名な心霊スポット、バンコクの“幽霊マンション”

  9. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶ワールドツール

おすすめ記事

  1. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス
  2. BOI (The Board of Investment)
  3. WORLD SAHA FASHION CO., LTD.
  4. THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.
  5. バンコク地方銀行所長会

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP