“ショップシュアイシャート”って?

1年間、喪に服してきたタイ国内消費の活性化を狙い、
財務省が所得税控除の政策を発表した

 

11日から12月3日までの期間限定で、ある商品やサービスを購入すると最大15,000Bの所得税が控除される“ショップシュアイシャート(タイ語で経済促進のための買い物)”政策が始まった。落ち込んでいた国民の購買欲を促進するのが目的だ。

控除を受けるには、前述した期間の購入を証明する領収書を、2017年度の総収入金額報告書と共にタイ国税局へ提出する必要がある。また、所得税の支払い義務がある月収26,000B以上の人が対象だ。

アピサック財務大臣は、同政策を実施することで第3四半期・第4四半期の経済成長率がともに4%上昇すると予想。また、タイカシコン銀行のプリーディー社長は、「もともと昨年比3.4%を見込んでいたが、さらに伸びるだろう」と期待を寄せる。

昨年同様、コンビニやショッピングモールなどで購入できる生活用品や、レストランやホテルなどの飲食代、自動車関連費、スパなどの利用費、貴金属の加工費などが控除対象となる。逆に控除対象外は、医療費、生命保険、光熱費、国外航空券、宿泊代、酒、タバコなどだという。

ザ・モール・グループのチャムナーン会長は、「同政策は今年で3回目。昨年は芳しくない数字だったが、今年は5〜10%の売り上げ増加を目指す。大勢の客に対応するため領収書の自動発行機を全店舗で設置する」と言及。1年の自粛を経た今、状況がどう変化するか。来年に繋がる景気回復を期待したい。

関連記事

  1. タイのメーデー

  2. 減らないロットゥー事故

  3. 疑惑の寺院に、強権発動

  4. 【タイ進出動向】アデランス、タイをハブに全世界へ輸出 他

  5. 奨学金に四苦八苦

  6. ワイズ・ファミリー・バンコク発刊

  7. 権力者の揉み消しNO!

  8. 4人に1人が糖尿病!?タイで深刻化する糖尿病の脅威

  9. 【注目のタイニュース/9月26日〜10月2日】

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP