タイの干ばつ問題

雨が降るか降らないかは自然の摂理
さまざまな施策を実施するも、当初の計画に問題が?

 

毎年、気温上昇のピークとなる4月に問題となるのが、タイの干ばつ問題。今年も、国内主要ダムの貯水量が発表された。
先月中旬、農業・協同組合省のチャットチャイ大臣は、中部チャイナート、アーントーンとシンブリーで発生した干ばつ被害の視察の際、今年は例年より雨が降る時期が早いので、干ばつは昨年ほど厳しくないだろうとの見込みを示していた。実際、2016年末から雨が断続的に降ったことにより、国内主要ダム34カ所の貯水量は、約199億8100万㎥。前年に比べ、約75億200万㎥のプラス(17年3月14日時点)。先日31日に灌漑局が発表した主要大型ダム8カ所の貯水量も、約456億7300万㎥で、前年比約79億4100万㎥プラスと判明した。なお、世界有数の農作地帯が連なる中部ナコーンサワンから、ウタイターニー、チャイナート、シンブリー、アーントーン、アユタヤ、パトゥムターニー、ノンタブリーと、バンコクに流れるチャオプラヤー川流域の主要ダム4カ所の貯水量は前年比、約34億2600万㎥プラスとなっていることが分かっている。
現時点では、すべてのダムの貯水量は前年比プラスとなっているが、雨が降るか降らないかは自然の摂理。
現在、同川流域の乾季作面積は535万ライ(1ライ=1600㎡)と、当初の見込みの約2倍。国内の乾季作面積も、すでに政府が当初計画していた60%以上の面積だという。当然のことながら農作のための水資源量もとより、人々が使用する水も、不足する可能性がでてきている。
政府は水不足を防ぐ予防策として、以下のような呼びかけを農家に行っている。灌漑局のサンチャイ局長は、「水不足にならないよう、稲作は雨季作で作るように」と協力を求める一方、プラユット暫定首相は、「同川流域では毎年、干ばつと洪水の問題が発生している。この問題を効果的に解決できるよう、プミポン前国王のロイヤル・プロジェクトのひとつである各遊水地の改善に力を入れる」と、コメントをした。
自然災害は避けようがないが、せめて計画だけでも守っていってほしいものである。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP