ビジネストレンド10大予測

2018年は、経済成長4%超えと明るい兆し

 


豊かな高所得国を目指した国家経済政策、タイランド4.0の指針が具現化し始めた2017年。新憲法公布による新たな秩序のもと、政治・経済面においてさまざまな動きが起きた1年であった。まさに高度成長路線に舵を切るタイにおいて、18年はどのような動きが予測されるのか。その動向を追ってみよう。

タイ商工会議所大学の学長サウワニー氏によって発表された、今年伸びるであろう“ビジネストレンド10大予測”によると、1位は「通信サービス」。キャッシュレス化に伴うスマートフォンの利用増加、オンラインペイサービスの普及などが理由として挙げられる。同大学の経済・ビジネス予測センター長のタナワット氏は、「昨年は4位だったが、本格的にデジタル社会に突入した証しとも言えるだろう」と話している。2位は、17年まで5年連続首位を独占していた「医療・美容治療サービス」。高水準な医療技術にもかかわらず、割安な治療費により外国人利用者が増加。さらに、需要が急速に高まる高齢者支援サービスでのさらなる増加を見込んでいる。3位の「eコマースサービス」は、1位の「通信サービス」と紐付いてランクイン。以下、4位「コスメ・スキンケア」、5位「ロジスティクス」「石油化学・プラスチック製品」、6位「小売業」「金融サービス」「飲食」、7位「薬局・医療薬品」、8位「教育」「観光」、9位「保険・生命保険サービス」「不動産」「占星術・偶像・お守り」、10位「建設業」「美容院」と続いた。

惜しくも今回はランキング外になったが、「自動車販売サービス」も好調だという。17年11月の時点で販売台数が16年同期比20.6%と増加したため、18年は多くの自動車メーカーが新型を披露する予定だ。

同時に国家経済社会委員会事務局は、「経済成長率は4.1%まで上昇し、久しぶりに4%を超えるだろう」と、17年予測の3〜4%を上回る成長率を発表。

先進国入りを目指し、長期ビジョンを掲げるタイ。週刊ワイズとしても、リアルタイムで情報を届けていきたい。

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP