ローカルタクシー根深い反発

法律的にはNGでもタクシー利用者に支持されている
Uber(ウーバー)。ついに国会で認可の動きか

 

有名観光地のパタヤやチェンマイで、ローカルタクシー運転手数人がUber(ウーバー)とおぼしきタクシーを取り囲み、営業を妨害する事件が発生。被害に遭ったタクシーは、知り合いの外国人を乗せたところUberと勘違いされ取り囲まれたと語る。タイ立法議会のワンロッブ氏は、一般市民に迷惑をかけ、観光立国タイのイメージを著しく損なう行為と批判。さらにタイを訪れた中国人観光客が、ドライバーに恐喝されている動画をSNS上で公開し「乗車拒否をせず、運賃を事前に確認でき、ドライバーのチェックシステムも採用されているUberが選ばれるのは当然」と発信。タクシーサービスの質の低さが、改めて浮き彫りとなった。

Uberを取り締りの対象としている運輸省に対し、ワンロッブ氏は消費者の選択の権利を守るため、Uberを法的に認めるか、また業者同士の衝突を抑止する対策はあるか質問を投げかけた。議会中の国会議事堂前には、Uberに反対する30台以上のタクシーが集合。ポストトゥデイのフェイスブックには、「Uberもグラブカーもいらない」という看板を掲げたドライバーの動画が投稿された。運輸省は「両者が納得できる解決策を模索し、法律の改正も視野に入れている」とした上で、4、5カ月をかけて結果をまとめるという。衝突に賛成はできないが、悪質タクシーの一掃は大歓迎だ。

関連記事

  1. ワイズ編集部が「バンコクマラソン」に挑戦してみた!

  2. 固定資産税導入なるか

  3. 【注目のタイニュース/1月24日〜30日】2月中「ドローン」規制

  4. 新物品税がスタート

  5. 雨量、2011年と同量

  6. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶フージャースホールディン…

  7. 自粛に揺れる娯楽業界

  8. 『ミシュランガイド バンコク版』

  9. 【注目のタイニュース/3月14日〜20日】プラユット暫定首相が安倍首相と会談

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP