固定資産税導入なるか

悲願達成への道のりはいつの日か

 


2016年、タイ初となる本格的な固定資産税(土地・建物税)法案が内閣を通過。財務省としては17年中の施行予定だったが、その後報道は一切なく、お蔵入りとなって約1年が経過した。しかし、年末まで秒読みとなった今、水面下で動き出した。

法案は、農業用地、住宅用地、商業施設用地、未開発用地の4分野が対象となり、評価額が5,000万バーツ(約1億7,500万円)を超える農業用地で最大0.2%、住宅用地で最大0.5%、商業施設用地で2%の税が毎年課せられるというもの。なお2軒目以降の住宅用地については、額に関わらず最低0.03%課税。また未開発用地については最大5%となり、1〜3年間は2%、4〜6年間は2.5%、7年以上は3%で課税される。同税の導入目的としては、長引く政治対立の原因のひとつとして挙げられる「貧富格差の改善」だという。

これまでのお蔵入りの理由として、内閣承認後の法制委員会での検討は終えていたが、最後の国民立法議会(NLA)での検討・承認で留まっていたとのこと。NLAでは既存の法案に加え、商業用地の税金支払いの際のみに適用する分割払いを検討。他にも、住宅用地については、評価額5,000万バーツから2,000万バーツ以上(約6,900万円)に引き下げ。また2軒目以降の住宅用地についても、額に関わらず最低0.03%の課税から0.02%への引き下げを検討しているそうだ。

タイ住宅ビジネス協会のイッサラ氏は、「今後施行される固定資産税は、1932年から続く土地・建物税と、65年から続く地方開発税を、時代の成長とマッチングさせたもの」とコメント。また、施行にあたり、「各用地の判別をはじめ、課税率など、国民から寄せられるさまざまな質問に対して、政府はきちんと回答できる用意をしておかなければならない」と話している。

政府関係者によれば、年内にも同税の法案を決定。来年、官報サイトで詳細を発表後、19年1月に施行予定という。足掛け3年、果たして同税は施行となるか。今後の行方を見守りたい。

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP