日本ツアー詐欺。千人足止め

「格安」を謳った日本旅行ツアー。空港は怒号と混乱に包まれた

 

ソンクラン直前の4月11日夜、架空の日本行き格安ツアーを装った詐欺が発生。同ツアーに申し込んでいたタイ人旅行者1000人以上が、スワンナプーム国際空港で足止めを喰らい、騒ぎとなった。騒動を聞きつけて、観光・スポーツ省のゴブカーン大臣やスワンナプーム国際空港のシロート空港長などが現場に急行。自ら陣頭指揮を執り、被害者の対応にあたった。
警察によると、ツアー主催者は栄養サプリメント等のネットワークビジネス(いわゆるマルチ商法)を行う「Wealth Ever」。登録会員に対し、購入ポイントの特典として「5日間で9730バーツ〜。格安の日本行きツアーに参加できる」と宣伝。約3000人が申し込み、料金を支払っていた。ツアー参加者は空港到着後に事態を知り、現場はパニック。タイの掲示板サイト「パンティップ」には、被害者の親戚がリアルタイムに現場の状況をアップし、1000件以上のコメントが付くなど盛り上がりを見せた。翌12日、警察は主催会社の捜査を開始。同日、同社社長のパシット氏、その恋人で株主でもあるタットダウン氏、社長の母親や親戚、同社社員9名を事件の共犯者として逮捕した。
パシット容疑者は取り調べで、ツアー催行はサプリメントの販促の一環として行ったと供述。昨年12月に第1回目の応募をスタートし、今年2月には40人の会員が実際に大阪を旅行。好評を呼び、高い宣伝効果を得ることができたという。今月5日にも200人規模のツアーを行ったが、今回のツアーは知り合いに手配を頼んだため、詳細は知らないと釈明。だが、詳しく問い詰めたところ、「予約等は一切行わなかった」と自白した。
3000人を超える予約人数であったにも関わらず、同容疑者の口座残金は300万バーツ。これについて関係者は、「前回のツアーでは事前予約をせず、空港で正規航空券を購入した。結果、大幅な赤字となり、今回の入金の一部で補填した」と話している。だが、料金入金後すぐに、同容疑者は高級車やコンドミニアムを購入していたことが判明。「始めから騙すつもりだったのでは」との見方が強く、さらなる捜査が進められている。

 

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP