狂犬病が猛威

日本では撲滅から半世紀。
依然、発生・死亡者増が続くタイで、危険信号!

 

今年のえとは戌。バンコク都内ではコンビニやスーパーの店先でごろりと寝そべる犬たち。一見、平和な光景だが、触れるのはご法度。ご存知の通り、タイは撲滅した日本とは違い、狂犬病の発生国。タイ保険省疾病予防局のスワンチャイ局長は「タイ国内で断続的に狂犬病感染者が発見されている極めて不安な状況だ」と警鐘を鳴らす。

同省畜産局によれば、年初から2カ月間で狂犬病によって3人が死亡。犬、猫、牛など動物の感染は226匹に及んでいる。これは、前年同期比の約2倍で、そのうち9割が犬だという。感染した動物の報告は、東北部のローイエット、スリン、ヤソートーン、カーラシン、アムナットチャルーン県で多く、バンコク郊外や周辺県でも報告があり、感染危険の高いエリアに指定されている。

主な理由は、飼い犬の予防ワクチンの未接種や外で飼うことで、他の動物との接触による感染が多いという。SNS上では、犬の飼い主が、「自宅で飼う犬がネズミを噛み、その後、数日中に(犬が)狂犬病を発症し、死んだ」と投稿し、話題となった。こうした事態を受け、同省疾病局も狂犬病ワクチンの接種をするよう呼びかけるほか、猫やハムスターなど、自宅内で飼うペットに関しても噛まれた場合はすぐに病院で受診するよう指導する。ペットを家族同様に飼う人も多いだろう。大事な家族である以上、定期的な診察とワクチンの効果的な接種を心がけたい。

関連記事

  1. タイの老舗マンガ雑誌が休刊。20年の歴史に終止符

  2. 狂犬病の迷信、さらなる悲劇へ

  3. ピピ島に赤信号

  4. 【タイ進出動向】桃屋、「キムチの素」がタイ初進出 他

  5. ユーロ賭博で動く578億B

  6. 【タイ進出動向】フクダ電子、タイで心電計など医療機器を販売 他

  7. 有名税? 議論渦巻くネットいじめ

  8. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶アサンサービス

  9. 競り落とせ! タイのナンバープレート

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP