砂糖税を導入!?

欧米では“ソーダ”税。健康増進と税収増の両立が狙い?

 


今年9月にタイで施行される新間接税だが、関連する課税方式の中に、“砂糖税”なるものが加わる可能性があるという。日本人には、なじみのない砂糖税。欧米では“ソーダ税”という名称で導入が進んでいる。

フランスでは、2011年に導入。砂糖入り飲料(1缶)に対し0.01ユーロ(約1円)のソーダ税がかかる。最近では、米国のカリフォルニア州バークレー市(15年)が導入したことを皮切りに、じわりじわりと他の州でも広がりを見せ、欧州各国ではすでに導入している国も多い。課税によって食生活の改善を促し、増加し続ける肥満や糖尿病を防ぐのが狙いだ。

閑話休題。多くの日本人は、タイに住み始めた頃、コーヒーやお茶の甘さに驚いたに違いない。食文化・風習と受け止めて飲み慣れている人もいるだろう。

世界保健機構(WHO)によると、タイ人の砂糖消費量は1日あたりティースプーン20杯。これは、WHOの推奨量の約3倍。さらに、国際糖尿病連合(IDF)の発表(13年)では、タイの糖尿病人口は約490万人と多く、政府としては、国民の健康促進は急務。世界の潮流となりつつある砂糖税の導入は、まさに渡りに船というわけだ。検討が進む砂糖税は、100mlに含まれる砂糖の量を10〜14%未満、同14〜18%未満、同18%以上の3段階に分け、税率を課すという方式。当面は、施行後2年間は準備期間とし、課税はせず、逆に基準以下のノンアルコール飲料には、税控除という恩典を与えるという。財務省物品税局税管理事務所のナッタコーン所長は「導入しても、従前の工場渡し価格の2割とする税金とさほど変わらない」とメーカーへの影響は軽微だと話す。

甘党には申し訳ないが、導入をきっかけに、日本では馴染み深いブラックコーヒーや微糖、無糖といった健康飲料が増えることも考えられる。いち消費者としては、ラインナップが増えることを歓迎したい。

 

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP