選民意識が産んだ暴力事件

チェンマイ大学に程近い場所にある有名パブで起きた暴力事件
被害者が左目の視野の3割を欠損するという悲劇となった

 

先月25日夜、北部チェンマイ県チェンマイ大学そばにある有名パブ「マリン・スカイ」で、店のガードマンによる集団暴行事件が発生し、話題となった。
被害者のジェームズ氏(23)は事件当日、トイレに入ろうとしたところ、「俳優が使用中のため入室禁止」とガードマンが制止。仕方なく隣にあった女性用トイレで用を足した。その後、ジェームズ氏は俳優らが座るテーブルの前を通り、ガードマンに「俳優だからといって、店のトイレを独占するのは間違っている」と告げ、席に戻ったという。
席で母親と携帯電話で話していたジェームズ氏だったが、突如、ガードマン4人に囲まれ暴行を受ける。聞けば、俳優グループの中にいたボールという男性が、同氏を襲うように命令。この男性は「俺は(このグループにいた)女優と付き合っているし、ここのオーナーでもある。怖いものはない」とジェームズ氏を恫喝。一方的に危害を加えた。ジェームズ氏は外へ連れ出されそうになったところを、近くに座っていた男性グループに助けられた。
ムアンチェンマイ郡内地方警察チャンプアック署の発表によると、ジェームズ氏の友人が事件を届け出ようと警察署を訪れた際、彼らの動きを監視していたパブのガードマンから、「届け出を出せば、ジェームズだけでなく自分たちにも被害が及ぶぞ」と脅かされたという証言もあり、脅迫事件としても同時に捜査を続けている。
一連の流れに、傲慢なパブのオーナーが起こしたと思われたこの事件。しかし実は、命令を下したボール氏はパブのオーナーでも従業員でもなく、チェンマイにあるホテル「The Core」のマネージャーだったことが判明。事件後、同ホテル経営者のピーラヤーCEOは、この事件でホテルのイメージを著しく傷つけられたとして、彼を即刻解雇したと発表した。
ボール氏をはじめ、今回の暴力事件に関わった4人には、執行猶予付きの有罪判決が下された。現在は釈放され、警察の保護観察下にあるという。だが、被害者のジェームズ氏は鼻の骨と歯が折れ、左目の視野の3割を欠損し、いまだチェンマイ県ランナー病院に入院している。

関連記事

  1. 乳児の遺体で作ったお守りは幸運をもたらす!?

  2. 【タイ進出動向】積水化学工業、耐熱配管向け樹脂工場が本格稼働 他

  3. センセーブ運河の爆発事故

  4. “歓楽街”パタヤからの脱却

  5. タイから色が消えた日

  6. 外資にさらなる恩典追加

  7. 砂糖税を導入!?

  8. 仏教界一大スキャンダル!?

  9. 毎月開催!ワイズセミナー

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP