「どうして英語名が “Wireless”通り?」

「どうして英語名が “Wireless”通り?」

通り沿いに日本やアメリカなどの大使館が多い「Wittayu」通りの英語名は「Wireless」通りです。1928年、ルンピニ公園の東側にタイで初めてラジオ局が建てられたのを機に、ラジオという意味の「Wittayu」と命名されました。しかし、この辺りには外国人が多く住んでいたため「Wireless」通りと呼ばれるようになりました。その昔イギリスでは、ラジオのことを「Wireless」と呼んでいたためです。英語名のある通りは珍しく、正式な住所にも採用されています。

※皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. 今週のギモン「タイ人女性たちの美白テクを知りたい!」

  2. 【注目のタイニュース/3月21日〜27日】ソンクラン規制を発表

  3. VOL.55【クラビで起こったサンゴの奇跡】

  4. VOL.97【スーツに隠れたケンカの実力】

  5. 中国の旧正月 「春節」の過ごし方は?

  6. 2018年を振り返る! Google検索ランキング

  7. VOL.50 : Sony Store EmQuartier

  8. VOL.12【視覚障害者の母親 】

  9. VOL.55 : foodpanda

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP