「どうして英語名が “Wireless”通り?」

「どうして英語名が “Wireless”通り?」

通り沿いに日本やアメリカなどの大使館が多い「Wittayu」通りの英語名は「Wireless」通りです。1928年、ルンピニ公園の東側にタイで初めてラジオ局が建てられたのを機に、ラジオという意味の「Wittayu」と命名されました。しかし、この辺りには外国人が多く住んでいたため「Wireless」通りと呼ばれるようになりました。その昔イギリスでは、ラジオのことを「Wireless」と呼んでいたためです。英語名のある通りは珍しく、正式な住所にも採用されています。

※皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. vol.37:Life Design

  2. 今週のギモン「バンコクにある鳥居は実は巨大●●●●?」

  3. vol.28:berry mobile

  4. 「ソムタムは 何種類ある?」

  5. 今週のギモン「タイの紅茶『チャーイェン』はどうしてあんな色なの?」

  6. 【注目のタイニュース/7月11日〜17日】VAT税率1年間延長 他

  7. VOL.50 3 in 1コーヒー 世界ブランド vs 東南アジア初

  8. 「アユタヤ時代の 伝統衣装って?」

  9. 「今年の仏教の日(禁酒日)を教えてください」

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP