「路上の花輪 使いみちは?」

 

「路上の花輪 使いみちは?」

路上で売られている花輪、「プアンマライ」。バラやジャスミンを繋ぎあわせて作る花輪は、タイの伝統工芸のひとつでもあります。何に使うのか、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。昔は葬式や結婚式など公式な場で使われていましたが、今では神仏や目上の人に捧げることで尊敬の念を表し、謝辞を述べる役割としても使われています。本来は生花を用いますが、近年ではお土産用のレプリカも数多く製造されています。

関連記事

  1. プンが行く!!
    VOL.79:前国王火葬式場

  2. プンが行く!!
    VOL.66:ピムックサターン博物館

  3. 今週のギモン「なぜタイ人は欧米人のことをファランと呼ぶの?」

  4. 今週のギモン「なぜ交通標識に店名が入っているの?」

  5. VOL.69 : パンダバス

  6. VOL.19【YouTubeの曲を流しちゃダメ】

  7. 「完全、青い。」 タイの天然着色料って?

  8. 「ファックブア」って何?

  9. プンが行く!!
    VOL.54 : 漁村でホームステイ

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP