「路上の花輪 使いみちは?」

 

「路上の花輪 使いみちは?」

路上で売られている花輪、「プアンマライ」。バラやジャスミンを繋ぎあわせて作る花輪は、タイの伝統工芸のひとつでもあります。何に使うのか、疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。昔は葬式や結婚式など公式な場で使われていましたが、今では神仏や目上の人に捧げることで尊敬の念を表し、謝辞を述べる役割としても使われています。本来は生花を用いますが、近年ではお土産用のレプリカも数多く製造されています。

関連記事

  1. 【注目のタイニュース/5月2日〜8日】高市総務相、タイ政府と会談 他

  2. 今週のギモン「なぜ、朝8時と夕方6時にタイ国歌が流れるの?」

  3. VOL.71【マクドナルが“Bar”に変身!?】

  4. VOL.4【正しい口説き方】

  5. VOL.67 : SHINSEN FISH MARKET

  6. VOL.13【1人1個の食べ放題 】

  7. 今週のギモン「タイでは電車(BTS)の時刻表はあるの?」

  8. 今週のギモン「タイの義務教育は何歳から何歳まで?」

  9. プンが行く!!
    VOL.55 : The Museum of Floral Culture

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP