「青いライスの 正体は?」

「青いライスの 正体は?」

タイ料理店で見かける真っ青な色のライス。その正体は、「アンチャン」の花弁から絞った汁で炊いたご飯です。英語では「バタフライピー」と呼ばれるマメ科のハーブ。アントシアニンが豊富で、動脈硬化やアンチエイジングに効果があると言われています。タイでは眉や髪の毛の色が濃くなると言われ、赤ん坊の頭や眉に花びらをつぶして塗る習慣があります。動脈硬化や白髪予防の効果もあるとされ、一般的にはハーブティーとしてよく飲まれています。

※皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. VOL.52【頭隠して尻隠さずな容疑者】

  2. VOL.55 配車サービスアプリ 手数料なし VS 台数No.1

  3. vol.35:MSL KARTING

  4. プンが行く!!
    VOL.51 : Siamgems Heritage

  5. VOL.29 ツバメの巣ドリンク イギリス生まれ VS 味と食感に自信

  6. VOL.47 ファストファッションコラボ戦略 VS チョイス盛り沢山

  7. 「ファックブア」って何?

  8. プンが行く!!
    VOL.70:フレンチハウス

  9. vol.27 BALANZE BY HYDROHEALTH

おすすめ記事

  1. THAI SECOM SECURITY
  2. NEPON(THAILAND)
  3. NGO法人京都大学ASEAN拠点
  4. JTB (THAILAND) LTD.
  5. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP