「青いライスの 正体は?」

「青いライスの 正体は?」

タイ料理店で見かける真っ青な色のライス。その正体は、「アンチャン」の花弁から絞った汁で炊いたご飯です。英語では「バタフライピー」と呼ばれるマメ科のハーブ。アントシアニンが豊富で、動脈硬化やアンチエイジングに効果があると言われています。タイでは眉や髪の毛の色が濃くなると言われ、赤ん坊の頭や眉に花びらをつぶして塗る習慣があります。動脈硬化や白髪予防の効果もあるとされ、一般的にはハーブティーとしてよく飲まれています。

※皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. VOL.13【1人1個の食べ放題 】

  2. VOL.66【世界最年少の矯正歯科医!?】

  3. 今週のギモン「タイ語のオノマトペにはどんなものがあるの?」

  4. 今週のギモン「なぜタイ人は水着をあまり着ないの?」

  5. 「お化けも納得? 枕の下のお金」

  6. VOL.29 ツバメの巣ドリンク イギリス生まれ VS 味と食感に自信

  7. VOL.18 通信会社 国内 No.1 vs 高い満足度

  8. 今週のギモン「大学の卒業証書は王族から 授与されるって本当?」

  9. 【注目のタイニュース/9月26日〜10月2日】

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP