「鮮やかなピンクの卵の正体は?」

鮮やかなピンクの 卵の正体は?

タイの屋台などで見かける鮮 やかなピンク色の卵。明朝時代に、湖南省で発祥したと言われています。実はこの卵、タイ語では「カイ・イアウ・マー」と呼ばれるピータンなのです。作り方は、アヒルの卵を塩、石灰、炭酸ナトリウム、黒茶、水などに10日〜15日間漬け込みます。ピンク色の秘密は赤い石灰によるもの。中身は真っ黒なゼリー状です。最近では、売上アップのためかピンクだけでなく黄色や緑なども販売されています。

関連記事

  1. VOL.47【危険な治療を続ける男性】

  2. VOL.78【うちの子は牛乳アレルギー】

  3. タイの結婚式ご祝儀の相場って?

  4. VOL.79 : 春らんまんComic café & Bar

  5. VOL.17【タクシー、こんなに高いの?】

  6. VOL.74【縁結びは、英語学習アプリ!?】

  7. vol.38:meetnlunch

  8. 「「SOTUS」は本来 どういう意味?」

  9. タイのタトゥーには ご利益がある?

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP