「鮮やかなピンクの卵の正体は?」

鮮やかなピンクの 卵の正体は?

タイの屋台などで見かける鮮 やかなピンク色の卵。明朝時代に、湖南省で発祥したと言われています。実はこの卵、タイ語では「カイ・イアウ・マー」と呼ばれるピータンなのです。作り方は、アヒルの卵を塩、石灰、炭酸ナトリウム、黒茶、水などに10日〜15日間漬け込みます。ピンク色の秘密は赤い石灰によるもの。中身は真っ黒なゼリー状です。最近では、売上アップのためかピンクだけでなく黄色や緑なども販売されています。

関連記事

  1. VOL.18 通信会社 国内 No.1 vs 高い満足度

  2. 【注目のタイニュース/5月16日〜22日】 クーデターから1年経過。約50%が「幸せになった」

  3. 「カノムチーン とはなに?」

  4. vol.27 BALANZE BY HYDROHEALTH

  5. 今週のギモン「観光名所にもなっている『龍神の火の玉』ってなに?」

  6. 「タイの年賀状はどんなもの?」

  7. 【注目のタイニュース/9月19日〜25日】違法漁業国指定期限が延長 他

  8. 今週のギモン「タイの『子どもの日』はどんなことをする日?」

  9. VOL.52【頭隠して尻隠さずな容疑者】

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP