プンが行く!!
VOL.100: マレーシア ペナン島

多彩な表情が魅力!

バンコクから飛行機で約1時間45分。のどかなビーチが広がるのと同時に、魅力ある多文化が育まれてきたペナン島。今回はイギリス植民地時代の面影を残し、世界遺産にも登録されるジョージタウンを中心にご紹介!
昔から東西文化の交易路で、中国やインドからの移民が多く生活をしていたため、街には中国寺院をはじめヒンドゥー教寺院やモスクが数多く点在。また、言語もさまざまです。そして異文化と言えば、多様性のある“食”もひとつの楽しみ! なかでもオススメは、ローカル・観光客問わず大人気なカナーボン通り(Lebuh Carnarvon)。老舗の名店がひしめき合い、連日多くの人々で賑わっています。多彩な表情を見せるペナン島に、みなさんもぜひ足を運んでみてください。

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

関連記事

  1. 「「カオ◯◯」通りが 多いのはなぜ?」

  2. VOL.6【航空券のオーバーブッキング】

  3. プンが行く!!
    VOL.11 : 伝統の人形劇

  4. 【注目のタイニュース/10月3日〜10月9日】

  5. VOL.84【1年間我慢してやったのに(怒)】

  6. 【注目のタイニュース/6月20日〜26日】バンコクで大規模地盤沈下? 大洪水発生の引き金に 他

  7. 「タイの弁当箱ってどんなの?」

  8. VOL.83【雨が降っているから行けない】

  9. プンが行く!!
    VOL.49 : バンパイン宮殿

おすすめ記事

  1. THAI SECOM SECURITY
  2. NEPON(THAILAND)
  3. NGO法人京都大学ASEAN拠点
  4. JTB (THAILAND) LTD.
  5. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP