バンコク中心部で起きた凄惨な連続爆発事件

バンコク中心部で起きた凄惨な連続爆発事件

 

死者20名、123人が負傷したバンコクでの大惨事。
急がれる全容の解明

バンコク都民を恐怖に陥れた連続爆発事件。時系列での流れは、「スペシャルコンテンツ」でまとめているため、そちらをご覧いただきたい。

8月21日時点で犯人は捕まっていないが、「一体誰が?」という点に尽きるだろう。19日、政府はエラワン廟に爆発物を置いていった容疑者の似顔絵を公開。20日には、容疑者を乗せたバイタクの運転手が「タイ語でも英語でもない言語を話していた」と証言。タイ人ではない顔と言語という理由から、一時は外国人による犯行の可能性が高いとされ、複数犯であることも伝えられた。

背景には、ウイグル族の問題と未だテロ活動が続く深南部のマレー系住民の存在が挙げられる。7月、政府はタイに入国を希望するウイグル族約100人を中国に強制送還し、イスラム過激派組織から反発を買ったとも言われている。また、深南部のマレー系タイ人は、現在でも独立を目指す動きがあり、長きに渡りテロ活動を続けているのは、タイ在住の多くの方がご存知だろう。

上記とともに嫌疑をかけられているのが、軍事政権に反対するタクシン元首相支持層の赤シャツ隊(反独裁民主戦線)。ただ、事件直後、赤シャツ隊のジャトゥポーン代表はフェイスブックに犯人を非難するコメントを載せ、幹部のソムワン氏は有力情報の提供者に200万バーツの懸賞金を出すと発表。また、海外逃亡中のタクシン元首相もツイッターで「犯人を強く非難する。今回の被害は一般人だけではなく、国の経済にもダメージを与えた」と投稿した。多くのメディアも赤シャツ隊がわざわざ一般人を巻き込むような無差別殺人を行うメリットは少ない、と報じている。警察庁長官のソムヨット大将は「現状、犯人が外国人とは断定できない。原因についても政治問題なのかウイグル族の問題なのかもわからない」と話し、21日時点でも決定的な証拠を掴めずにいる。

わかっているのは、爆発事件が起きた場所が、エラワン廟、サトーン船着場という観光客が集まるエリアだということ。スクンビットも、シーロムも、世界中から多くの観光客が集まるのは言うまでもない。くれぐれも注意してもらいたい。

関連記事

  1. 百花繚乱 バンコク鉄道計画

  2. “44条”が使われすぎ?

  3. 出張者完全ガイド ビエンチャン編

  4. タイの戒厳令解除。暫定憲法44条の驚きの中身とは一体?

  5. 王宮での弔意記帳へ

  6. WiSE Family Bangkok 2017
    バンコク生活便利帳

  7. 外国人事業法改正の現状

  8. タイ初!「桜まつり」開催

  9. トランプショック。その時タイは

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP