仏教界に波及する政局

法王就任問題から端を発した僧侶と軍隊の衝突。背景にあるのは赤シャツ隊と民主党

 

僧侶たちによる政局の代理戦争なのだろうか?
15日、ナコーンパトム県のプッタモントン公園でセミナーに参加した僧侶と仏教徒合わせて数千人が軍隊と衝突した。僧侶たちは「タイ仏教聖職者 転覆計画を防ぐ」という、いかにも過激なタイトルのセミナーのために集った。目的は、政府への抗議、ソムデット・チュアン僧侶の早期法王就任、仏教をタイの国教として認めさせること、などを話し合うため。
なんとセミナーの主催者が、赤シャツ隊(反独裁民主戦線)支持派としても知られるプラ・メーティタマチャーン氏だというから、どうしても政治色が強い。
軍事政権下の現在、公共の場所で5人以上の集会は認められず、同セミナーには軍隊が出動した。そして、当然のように事件が勃発。午後3時、出入り口を軍用車両で塞いでいた軍隊に、僧侶が「会場まで食べ物や飲み物、トイレを運びたいため、自動車を通らせてほしい」とお願いすると、軍隊は「上層部の許可が必要」と返答。しかし、30分経っても車両は移動されず、しびれを切らした僧侶たちが突入し、警察と一悶着となった。当時の様子を映した動画では、僧侶らが軍隊に掴みかかり、自動車から引き剥がそうとしていた。現場にいた多くのメディアは「軍隊は反撃しなかった」と報道。数千人もの僧侶がいたため、大騒動に発展する可能性があり、尊敬対象の僧侶に手を出すことを畏れたのだろうと想像ができる。
同事件について、赤シャツ隊のリーダーであるチャトゥポーン氏は「軍隊は過ちを犯した」と真っ向から批判。さらには、2013年の反政府デモ時に民主党を支持していた名物僧侶プラ・プッタイッサラ氏が、同氏が推す法王就任に反対したことに言及し、「彼も政治問題に関わっていただろう」と指摘した。一方、プラ・プッタイッサラ氏は16日、ナコーンパトム県プッタモントン署に、集会法に反した同セミナーの主催者を罰するべきだと訴えを提出。警察も捜査を開始し、もはや状況は混迷の様相を呈している。
それにしても赤シャツ隊のリーダーが出てきて、民主党支持派の僧侶が争っているとすれば、まさに政治論争そのもの。この国が抱える問題は、一見シンプルでありながら、かなり根が深い。となれば、この問題が簡単に片付くとも思えない。

関連記事

  1. 選挙戦スタート!

  2. 干上がって出てきた問題

  3. 近代冷戦の板挟み〜ウイグル族を中国へ強制送還

  4. ビジネストレンド10大予測

  5. ビューティー市場急拡大!!

  6. タイ政局、ついに第2ステージへ

  7. 悲劇の爆発事件、再び

  8. 首相・内閣公選制を導入!?

  9. 加速する日タイ協力関係。暫定首相の対日外交は及第点か?

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP