疑問視される電子決済

詐欺にウイルス……脆弱なシステムで奪われる現金。推し進める政策に黄色信号が点灯

 

銀行システムの脆弱さが露呈する事件が相次ぎ、7月に発表したばかりの銀行支払いサービス“Promptpay”(プロンプトペイ)を疑問視する声が続出しているという。
先日、アユタヤ県の自動車部品販売店のオーナーが、言葉巧みに個人情報を奪われ、口座番号を変更させられた上、100万バーツを騙し取られる事件が発生。本人確認を怠った銀行側にも落ち度があるとし、銀行はオーナーに対し、全額返金した。また、23日には、政府系貯蓄銀行の現金自動預払機(ATM)21台がマルウエアに感染し、約1200万バーツが不正に引き出された。政府系機関ということもあり、国民の間で不安感が高まっている。
一連の事件で、とばっちりを受けたのが、政府の肝いりで7月に発表されたばかりの、ID番号や携帯電話番号を使用してトランザクション・バンキングを行える新たな銀行支払いサービス、Promptpay(プロンプトペイ)。これは、政府が進める電子決済システム「ナショナルeペイメント」の一環で、同サービスを使えば、銀行間の送金手数料が5000バーツ未満まで無料、10万バーツ以上であっても10バーツ以下と極めて低い手数料で済み、税金還付(納付)も可能。将来的には、政府から受け取る各種手当ても同サービスを通じて支払われる。相手先の電話番号登録で利用できる簡便さがウリのため、政府も一気に普及するだろうと皮算用していたに違いない。
ところが相次ぐ銀行系トラブルで、国民からは、「本当に大丈夫か?」「画期的だが、先進国でも使われていない」といったシステムや制度(サービス)そのものへの不信感が強まっている。政府にとって、新サービス(電子化)は徴税効率化や手続きコスト(人件費)削減のほか、金の流れから脱税といった不正を暴くチャンスにつながる。とはいえ、銀行の信頼失墜で、利用者からは不安の声ばかり。挙句に、ATMを利用した際に出てくるプロンプトペイの申込画面が、「わかりづらい」「タイ語のみなので外国人が困る」といった新たな火種(不信感)を生んでいる。
プロンプトペイを含むタイの電子決済サービスの開始は10月31日。果たして、それまでに国民からの信頼は回復できるだろうか。

関連記事

  1. WiSEファミリーフェア2019 – 特売商品の紹介

  2. 「相続税」「固定資産税」を導入!?

  3. 【注目のタイニュース/6月13日〜19日】タイ初のMERS感染者!オマーン人を発見後に隔離

  4. “キレて”逮捕された、“消えた”女優

  5. 疑惑の寺院に、強権発動

  6. 店主たちの本音〜ソイ38、屋台の移転期日は6月21日

  7. WiSE Family Bangkok 2017
    バンコク生活便利帳

  8. “タイのジーコ”辞任に驚きの声

  9. タイの大寒波

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP