「アユタヤ時代の 伝統衣装って?」

「アユタヤ時代の 伝統衣装って?」

ドラマ「ブペーサンニワート」の人気から、タイの伝統衣装を着てアユタヤを訪れる人々が社会現象になりました。伝統衣装は地域や時代によって異なりますが、ドラマの衣装はアユタヤ王朝時代のもの。特徴は、肩にかける長い布「サバイ」と、巻きスカート「パーシン」の上下セットアップ。「チョンカベーン」というパンツスタイルも選べます。また、サバイは若い人向けで、既婚者や年配女性はサバイの下に長袖のブラウスを着て肌の露出を控えるのだそう。

※皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. 今週のギモン「闘鶏はギャンブルなのに違法じゃないの?」

  2. 今週のギモン「交通違反の罰金、払わなかったらどうなる?」

  3. 「ギンジェー(斎食)は 何のために行われるの?」

  4. タイの宝くじ 「ロッタリー」って?

  5. 「なぜ月曜日は普段より屋台が少ないの?」

  6. 今週のギモン「タイの民族衣装って?」

  7. 「大木に布を巻く理由」

  8. 屋台の紙ナプキン なぜピンク色?

  9. 「タイの葬儀で 燃やす「紙花」」

おすすめ記事

  1. THAI SECOM SECURITY
  2. NEPON(THAILAND)
  3. NGO法人京都大学ASEAN拠点
  4. JTB (THAILAND) LTD.
  5. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP