タイ、TPP参加表明

影響力のある米国に対し、タイは良好な関係を維持(写真右はプラユット暫定首相)

日本主導により年内発効も。タイの立ち位置は…


プラユット暫定首相は4月24日、タイがTPP(環太平洋経済連携協定)に参加する意向を示した。ソムキッド副首相は「TPP参加は、我々にとって多くのメリットがある。準備のため、次官事務局や関連局で早急に話し合いを行う必要がある」とコメント。自由貿易による市場拡大が、タイへの直接投資を呼び込むとの見方もあるようだ。

TPPは現在、日本、カナダ、チリ、ペルー、メキシコ、豪州、ニュージーランド、ブルネイ、マレーシア、シンガポール、ベトナムの11カ国で、年内発効を視野に入れた協定締結のための手続きを進行中。タイは発効後の加盟予定だという。

そんな時に飛び出したのが、トランプ米大統領のTPP復帰発言だ。遡ること2年前。TPPには米国も参加を表明し、12カ国で手続きが進められていた。しかし、トランプ氏が大統領に就任した後に離脱。自国に有利な2国間協定を強く訴えかけた。しかし、11カ国はその声に耳を貸さず。日本のリーダーシップにより、11カ国間での協定締結(TPP11)に向けて準備を進めてきたのだ。

さて、当時のタイはというと、TPPへの参加を検討していたものの、米国主導で決められた規定にデメリットが多く、また知的財産保護に対する評価が一定水準に達しておらず、参加を見送っていた。

ところが米国離脱後、日本主導による規定見直しでデメリットが解消。知的財産保護の問題も、取り締まり強化により昨年、優先監視国から“監視対象国”に改善された(米国・通商代表部USTRから発表される『スペシャル301条報告書』より)。こうした状況の変化により、今回の表明に至ったのだ。

日本側は、米国の復帰を望むものの、今の規定は頑として崩さない姿勢だ。ソムキッド副首相は「米国が復帰しても、タイのTPP参加は変わらない」と言及する。いずれにせよ、米国の“サプライズ”はいつ起こるかわからない。逃げるが勝ち……ではないが、いつまでも振り回されるわけにはいかないだろう。

関連記事

  1. 税制改正で自動車業界に追い風

  2. 79歳邦人男性の悲しい結末

  3. 鉄道“ドタバタ劇”

  4. 次期上院議長と首相代行

  5. 経済幸福度 No.1

  6. マレーシアつなぐ高速道

  7. 急伸! タイEC市場

  8. 雨量、2011年と同量

  9. 迷走するエラワン廟での連続爆発事件

おすすめ記事

  1. WORLD SAHA FASHION CO., LTD.
  2. THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.
  3. バンコク地方銀行所長会
  4. 独立行政法人日本学術振興会

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP