タイ経済に大きな影響を与える電力問題。避けられないエネルギー革命

避けられないエネルギー革命

天然ガスから再生可能へ。他国の依存から脱却目指す

2013年、天然ガスを供給するミャンマーのガス田の保守点検が延期することで、バンコクが停電するという噂が広がり、インフラの脆弱性を露呈したタイ。経済にも大きな影響を与えかねないと、電力問題は長年に渡る悩みの一つでもあった。

タイは93%を自国で発電しているが、エネルギーの輸入コストが大きなネックとなっている。2013年の輸入エネルギーから発電に使われる割合は天然ガス46%、石油36%、石炭・亜炭16%。輸入総額は、2010年が9000億バーツ、2011年が1兆2000億バーツ、2013年が1兆4200億バーツと年々上昇。東南アジアの電力消費量は、1位のインドネシアに続き、タイは2位であり、もはや自国で賄える電力が、急激な経済成長に追いついていない。

昨年、国内で発電に使われたエネルギー比率は、天然ガス67%、石炭・亜炭20%、再生可能9%、水力3%と続く。約7割を占める天然ガスは、20年後に枯渇するとされ、環境汚染も叫ばれるなか、再生可能なエネルギー比率の向上は至上命題となっている。

そこで注力するのが、バイオマス発電所。生物資源から発電でき、ローイエット県に発電所の建設が決定している。また、ゴミを再利用する廃棄物発電所も注目を集め、インフラ整備の大半を担うPTTのスロン・ブーラクン氏は「ラヨーン県のゴミの3分の1を処理できる」と話し、エネルギー省の次官は「18ヵ所のバイオマス、バイオガス、廃棄物発電所の建設が承認された」と明らかにした。ちなみに原子力発電所の建設については、東日本大震災の影響から時期尚早と判断され、現在はペンディング状態。

「2015〜2035年 発電力開発計画」を掲げるプラユット首相は、先日ミャンマーを訪問した際、「ダウェー経済特区以外にもエネルギーのこともお願いした」と言及。もはやすべてを自力で賄うには不可能なのが現実であり、2015年以降はラオスから7000メガワット、中国から3000メガワットの電力購入が決まっている。

ようやく追い風が吹いてきたタイ経済に弾みをつける意味でも、ぜひ安定した電力供給を望みたい。

関連記事

  1. 政策金利、引き上げ?

  2. ソンクラン間近!経済効果はいかに?

  3. 2014年に行われた上院議員選挙にて、投票を行うプラユット暫定首相

    4年越しの始動?

  4. インラック首相が失職、混迷続く

  5. タイ経済、好調の波続く

  6. ロヒンギャ事件に有罪判決

  7. ビューティー市場急拡大!!

  8. 邦人殺害事件、悪女の素顔

  9. 悲劇のバレーボール

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP