“3兆B”インフラ整備が始動

“3兆B”インフラ整備が始動

内需押し上げの切り札、巨大公共事業は日本企業にとっても◎

タイの内需押し上げの切り札、総額3兆3000億バーツの大規模インフラ整備8ヵ年計画(2015〜22年)が始動した。計画予算の大部分を占めるのは鉄道整備だが、タイ政府が昨年12月に中国と事業に関する覚書を締結したことは記憶に新しい。

巨額な鉄道整備事業の受注を、各国の企業は喉から手が出るほど欲しがっている。中国と締結した事業は長距離鉄道で、国家規模で決定されるメガ案件。一方、民間レベルで注目されるのが、すでに建設進行中で、今後、次々に開業されるレッドラインやグリーンラインといったカラー名で呼ばれる都市鉄道「バンコク首都圏鉄道整備事業」だ。

運輸省の発表によると、前述の3兆バーツに及ぶインフラ計画のうち約3分の1となる1兆2000億バーツは今年度執行され、その大半が都市鉄道に注がれる。最も距離が長いタマサート大学マハーチャイ間を結ぶ、「ディーブ・レッドライン(総延長80.8キロ)」は、2018年建設完了予定で、残りのタマサート大学ランシット間は10月にも工事入札が行われる。また、バンコク西部シリラートと東部フアマークを結ぶ「レッドライン(同54キロ)」のうち、バンスフアマーク間も今年中の入札。さらに、ラムルッカーとサムットプラーカーンを結ぶ「デイープ・グリーンライン(同66.5キロ)」、MRTフアランポーン駅からの延伸区間である「ブルーライン(同55キロ)」、バンヤイとラートブラナ間の「パープルライン(同42.8キロ)」の3路線は、着工済または完成済だ。

そのほか、タリンチャン−ミンブリー「オレンジライン(37.5キロ)」、ケーライ−ミンブリー「ピンクライン(同36キロ)」、ラップラオ−サムローン「イエローライン(同30・4キロ)」の3路線は、内閣承認待ち。上記地図にはないが、運輸省は「ケーライとカセナワミンで計画中の高速道路計画が中止されれば、同区間をモノレールで結ぶ『ブラウンライン』を追加する」と発表した。

目白押しの鉄道事業。企業にとってのうまみは建設受注に留まらず、電車システムや車両供給など多岐にわたる。日本のお家芸“正確・安全・高品質”の武器が生かされるだけに、今後に注目したい。

【写真上】タイ高速度交通公社(MRTA)の公式サイト参照

関連記事

  1. 東部経済回廊が始動

  2. 免税店入札に数社が名乗り

  3. 賛否両論が続くタイのカジノ構想。観光地パタヤへの設置は実現するのか?

  4. 悲劇のバレーボール

  5. 洪水と干ばつが同時発生

  6. どこまで続く土地神話

  7. 進む!?タイの地方分権

  8. タイ軍政が“国民に幸せを取り戻す” キャンペーンを開始

  9. 内閣改造“経済再生”布陣

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP