タイ農業4.0

イノベーションでコスト削減も零細農家は脱落

言わずもがな、タイで活躍するビジネスパーソンにとって、タイの産業高度化政策「タイランド4.0」は必須ワードだが、今回のテーマは“農業4.0”。察しが良い方は、おわかりだと思うが、イノベーションでタイ農業の生産性と品質を高める政策だ。

農業協同組合省農業普及局のソムチャイ局長によれば、同政策はすでに2016年から開始され、新技術を活用して約17億バーツのコスト削減を実現。同時に農業売上も約43億バーツ上がったという。

対象となるのは大規模農園(300ライ/1ライ:1600㎡)。ドローンを使った空からの監視体制(人的コスト削減)や有機肥料(農薬減)のほか、タマサート大学が開発した“オーガニック”というアプリで、QRコードによる農産品の品質確認(農場名や住所といったトレーサビリティ)も可能になった。

ほかにも、農業生産工程管理(GAP)による農産品の安全のための仕組みづくり「タイGAP」の策定・取得という試みもある。これは、土地管理、土壌、苗木、水管理、施肥、害虫処理、消費者安全、環境保護の質を担保するものであり、タイGAPに認証されると、生産者は独自のQRコードを取得。スマートフォン利用者(消費者)が生産物に関する最新情報を獲得しやすくなるという、まさに農業のデジタル化だ。

とはいえ、ドローン1台の購入に数十万バーツがかかるなど、デジタル化を実践できるのは、体力(資金力)のある大農園のみ。タイでは人口の約4割が農業従事者だが、未だ多くが家族経営の零細農家で、1人当たりの平均年収は6万バーツ弱。世帯収入も同約15万バーツが現状だ。多くの農家にとって、設備投資は夢のまた夢だろう。

こうした構造的な問題を解決するには、政府による手厚い補助が必要だが、やり過ぎれば自立への自助努力を妨げ、ばら撒きにもつながる。タイにとって農業は経済を支える主産業(世界20位以内の輸出国)だからこそ、舵取りは難しい。

関連記事

  1. 奨学金に四苦八苦

  2. タイ経済に大きな影響を与える電力問題。避けられないエネルギー革命

  3. バンコクの主要道路が冠水。対策は洪水よりもゴミ問題

  4. 風評被害のカベ

  5. タイ国民の満足度50%

  6. 国民的存在の僧侶、逝く。ルアンポー・クーン氏が死去91歳

  7. 内閣改造“経済再生”布陣

  8. 沿線開発で地価高騰〜交通利便性向上や沿線開発の波及効果

  9. 日系企業動向と“配慮”

おすすめ記事

  1. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス
  2. BOI (The Board of Investment)
  3. WORLD SAHA FASHION CO., LTD.
  4. THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.
  5. バンコク地方銀行所長会

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP