バンコクの行く末

進む都市開発。年30%以上で値上がる地価

BTS・MRTの新路線など、都市交通建設が続く首都バンコク。

公共交通網の発展は、さらなる都心部への人の流れを呼び込むに違いない。そんな中、テレビ出演した都市計画協会のターパナー会長は、「今後、11路線の新たな都市交通が完成すれば、148の新駅ができる。そうなれば、さらなる都心部へのヒト・モノの集中は避けられないため、現在の都市計画も変更せざるを得ない」と警鐘を鳴らする。

つまりは、現状の都市計画では人の流れを受けきれずに都心部がパンクし、逆にビジネス機会を損失させる可能性があるというのだ。通常、人の流入は、新たなサービス需要を生むため、ビジネスチャンスは増えるはず。同会長は「すべての地域がビジネスエリアにはなれない。バランスが重要で、人が増えれば交通網以外のインフラ設備も必要だが、追いつかない地域もあり、急激な発展はどこかに歪みをもたらす」と説明する。

一方、都市交通の建設計画を前に、都心部ではコンドミニアムといった不動産開発が進み、地価が高騰。ある専門家が「バンコク首都圏の地価は上がり続けてきたが、年30%を超えることはなかった。ところが、すでに30%超え、またそれに近づく土地がでてきた」と話すとおり、BTSウドムスック駅周辺(前年度比32%増、180万バーツ/㎡)をはじめ、MRTラップラオ駅(同29%増、同180万バーツ)、MRTスクンビット駅(同25%、同800万バーツ)と、地価高騰率は高まっている。

過去10年で、バンコクの都市化は目覚ましいスピードで進んだ。高度経済成長時代を経た、東京以上のスピードではないだろうか。しかし、両都市に類似するのが、街並みや景観を重んじる欧米とは違う形跡を残さない都市化だ。

今後は、新オフィス拠点開発を中心とした都心の改造・拡張、ウォーターフロント再開発のブームと続き、次に来るのが“都市再生”だ。10年後、今のバンコクの形跡は残されているのだろうか。

関連記事

  1. タイから「屋台」が消える?

  2. ミャンマー人の半数がオーナー?

  3. 消えた元首相

  4. 雨量、2011年と同量

  5. 疑問視される電子決済

  6. ウーバー VS タクシー

  7. 外資にさらなる恩典追加

  8. 近代冷戦の板挟み〜ウイグル族を中国へ強制送還

  9. 夏の恒例行事“節電” ブラックアウトを回避せよ!

おすすめ記事

  1. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス
  2. BOI (The Board of Investment)
  3. WORLD SAHA FASHION CO., LTD.
  4. THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.
  5. バンコク地方銀行所長会

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP