日中タイの三角関係

EECに関わる日本と中国、“駆け引き”続く?

EEC(東部経済回廊)の主要プロジェクトのひとつ、3つの国際空港(ドンムアン、スワンナプーム、ウタパオ)を結ぶ高速鉄道の開発計画について5月3日、日中の企業による第3国での“初の共同参画”を発表したのは記憶に新しい。次いで、同9日には東京で2カ国間の協力覚書を締結。同31日には、日本・中国・タイ3カ国の協力関係をテーマにしたセミナーがバンコクで開かれるなど、プロジェクト完遂に向けて動き出しているが……実際のところはいかがなものか。

同セミナーに出席した中国の国家発展改革委員・寧吉哲(Ning Jizhe)副委員長は「EECの実現によって、タイだけでなく、東南アジア各国の経済にもいい影響をもたらすだろう」と期待値の高さを覗かせながら、43年にわたるタイと中国の友好関係についてもアピール。続けて、「EECに限らず、タイ各地の経済発展にも尽力したい」と言葉を添えた。

中国の観光局によると、昨年中国人が国外へ旅行に出た回数は1億3100万回。前年比7%増加と発表された。また、旅行期間の費用は年間261億USDで世界1位。しかも人気の旅行先トップ3は、日本・タイ・韓国だという。中国がタイ観光に力を注ぐとなれば、タイ政府もご機嫌だろう。
 一方、在タイ日本国大使館・佐渡島大使は「これまで30年以上にわたり、5000社以上の日系企業がタイに進出し、タイの経済発展に貢献してきた。今後、タイ・中国・日本の企業間で協力関係を促進させたい」と、3カ国の連携が肝になることを強調した。

ちなみに、盤谷日本人商工会議所が、タイにある日系企業100社を対象として調査した結果、25%はEECでのビジネス構想を持っており、15%は検討中。残りの6割は、特に関与する予定はないという。中国が積極的にアピールする中、日本はまだまだ様子見といった具合か。共同参画といえど、自国の主張も欠かさないという中国の姿勢は、日本とタイにどのような影響をもたらすのか。今後の動向を見守りたい。

関連記事

  1. 外資にさらなる恩典追加

  2. 79歳邦人男性の悲しい結末

  3. プミポン国王、崩御

  4. “TPP”タイは、どうする?

  5. リタイアメントビザに新基準

  6. 鉄道“ドタバタ劇”

  7. 次期上院議長と首相代行

  8. タイの戒厳令解除。暫定憲法44条の驚きの中身とは一体?

  9. 内閣改造迫る

おすすめ記事

  1. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス
  2. BOI (The Board of Investment)
  3. WORLD SAHA FASHION CO., LTD.
  4. THAI NS SOLUTIONS CO., LTD.
  5. バンコク地方銀行所長会

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP