副首相、異例の檄

鼻息荒く、積極外遊と自国経済底上げへ強力に指示

数年に及ぶ経済停滞を乗り越え、景気回復の兆しを見せるタイ。経済担当のソムキット副首相は、この好機を逃すまいと積極外遊(投資呼び込み)行脚を図るとともに、財務省に対して、異例の檄を飛ばした。

投資呼び込み外遊では、6月27~29日に香港と深センを訪問。中国が進める「一帯一路構想」に対して「構想の未来は、タイにも大きく関わる」と持ち上げつつ、タイのインフラ整備事業や東部経済回廊(EEC)構想への投資を呼び掛けた。また、イギリスとフランスでは、現地の投資家らと意見交換し、「タイ経済は下半期からさらに上り調子となる。そのためにも民間投資が不可欠だ」と訴え、訪問後には、「彼らは、ASEANの中で最もタイに興味を示していた」と成果をアピール。さらに、これまで幾度と無く訪問し、蜜月ぶりを見せてきた日本に対しても、18日から三重県を訪問。鈴木英敬知事との面談のほか、県内企業と個別に面談し、国のみならず、地方行政レベルでの密接な関係構築にも乗り出す。

一方、タイ国内では6日に開かれた財務省幹部との会議で、「総選挙まで8カ月あまり、のんびり仕事をしている場合ではない。目標が達成できなければ、今年10月に職位が変わるかもしれないぞ」と異例の檄を飛ばしたという。加えて、国内経済の底上げに向けた経済施策の立案とともに、財政政策局が見通す「今年の経済成長率4.5%はまだ低い」と発破をかけ、さらなるプロジェクトを求めた。その他、低所得者支援、特に個人債務者のうち3000万人以上いると言われる農業生産者が、収入のほぼすべてを債務の返済に充てていると指摘。その上で、低所得者保護施策の立案を求めるなど、自ら陣頭指揮に立ち、各省庁に多くの経済政策を求めている。

過去には、中国の鄧小平氏が日本訪問を機に改革開放を進めることで、「眠れる獅子」を覚醒させ、今日の中国となった。今後のタイのさらなる発展を見届けたい。

関連記事

  1. 風評被害のカベ

  2. 高まる対日投資機運。日タイ新時代の幕開け

  3. プーケット転覆事故の打撃

  4. ソンクランの経済効果はいかに?

  5. 脱・コピー天国

  6. 2ヵ月延期!スクンビット・ソイ38の屋台移転問題

  7. タイ経済、好調の波続く

  8. どうなる? タイのPASMO

  9. “おとぎ話”はタイでも続く

おすすめ記事

  1. THAI SECOM SECURITY
  2. NEPON(THAILAND)
  3. NGO法人京都大学ASEAN拠点
  4. JTB (THAILAND) LTD.
  5. 独立行政法人 国立高等専門学校機構 タイリエゾンオフィス

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP