“桜まつり”開催決定!

Webメディア、イベント…ワイズの挑戦はじまる

あけましておめでとうございます。昨年のタイ経済は、景気回復の兆しを見せた2017年を引き継ぎ、復調路線へと軌道に乗せました。2019年は、民政移管へ向けた総選挙が2月(予定)にあります。また、タイはASEAN(東南アジア諸国連合)の議長国でもあり、首脳会議や東アジア首脳会議の他、約1000に及ぶ国際会議が開かれるそうで、ホスト国としての対応に、注目が集まるところです。当然、在タイ日本人の情報源を自負する『週刊ワイズ』も、時代の証言者として、しっかりとお伝えしていきます。

昨年、弊誌は創刊15周年という節目の年となりました。コンテンツの拡充は当然の事ながら、新たな試みとして“WiSEセミナー”をスタートさせ、これまでの知見と誌面ではお伝えし切れない情報をリアルな“場”で提供したことは誌面でもご紹介した通り。

16年目に突入した2019年は、弊誌にとって、まさに新時代と言え、今後、週刊ワイズは3つの柱を軸にメディア価値を向上させます。1つ目は、ワイズを核とした誌面(冊子)の充実。来週号から、次々に新コンテンツを開始していきます。次にワイズのデジタル化です。新たにビジネス総合メディアとして誕生した「WiSE Biz」を新機軸として成長させ、新設した動画取材班による映像コンテンツを増やし、さらには「WiSE Biz TV」を立ち上げ、価値あるビジネス情報をリアルタイムで配信していきます。最後に、WiSEセミナーをはじめとした“場”の提供です。4月26〜28日には、商業施設「エムクオーティエ」のイベントスペースにて、「桜まつり」と題した日本の花見を体験できる主催イベントの他、5月には在タイ日本人家族向けに「ワイズファミリーフェア」を開催予定です。

幕末の教育者、吉田松陰は「決心して断行すれば、何ものもそれを妨げることはできない」と言ったそうです。今年、週刊ワイズが掲げるテーマは「挑戦」です。様々な手法で、クライアントと読者の皆様に“笑顔”溢れる価値を提供していきます。

関連記事

  1. 総額2.4兆B“超大型公共事業”が復活

  2. 邦人殺害事件、悪女の素顔

  3. 2015年タイ経済を占う〜軍政の施策は算段通りにいくのか

  4. 副首相、異例の檄

  5. 首都バンコクの新たな顔

  6. 賛否両論が続くタイのカジノ構想。観光地パタヤへの設置は実現するのか?

  7. 勢い増すデジタル広告

  8. 2014年に行われた上院議員選挙にて、投票を行うプラユット暫定首相

    4年越しの始動?

  9. 隆盛! タイ中古車市場

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP