タイ経済 2019

ソムキット副首相が語った、現状と課題

「今から半年間、現状を維持できたらタイ経済は追い風に乗るだろう」。7日、バンコク都内で開かれた「KrungThai Next Thailand Economic Challenges 2019」セミナーで、ソムキット副首相は今後のタイ経済について言及した。昨年は、米中貿易摩擦をはじめ、イギリスの離脱交渉による欧州連合(EU)弱体化、フランスの政治混乱、選挙により情勢不安なドイツといった関係国の“揺らぎ”に緊張を強いられた反面、タイ経済は停滞から上向きへと回復した1年だった。タイ政府としては外的要因に関わらず、昨年同様の勢いを維持したいところだろう。

もっとも、懸念は国外ではなく“国内”だ。 先日、今年の目玉行事となる2月の総選挙及び5月までに予定されていた新政府発足が、戴冠式の影響で延期になる可能性があると示唆された。国内外の投資家らは、経済変動を想定しながら「現状を見守るのが賢明」と静観の姿勢。経済に大きな影響を与える政治の先延ばしに、関係者は心中穏やかではないだろう。

そんな不安を払拭するかのように同副首相は、「新政府発足までの期間、タイ経済を全力で支える」と宣言。国の成長率を0.8%から最大4.8%(現4.2%)まで成長させてきた現政府ゆえ、説得力のある言葉だ。続けて、「タイ経済のさらなる成長のためには、『改革』『変化』というキーワードが非常に重要になる。これまで政府が推進してきたEEC(タイ東部経済回廊)計画に次ぐ、新プロジェクトの考案と共に、デジタル経済の重要性を国民に認識させることが不可欠」と見解を述べた。一方、国民にとっては現政府が指揮を執る政策の行方も気になるところ。貧困に苦しむ生産者らを救済すべく行ってきた、販売戦略に対する知識提供や商品加工の技術始動、最新技術の導入、Eコマースやオンライン販売支援など、継続を求める声は多い。

今年は、ASEAN議長国としての舵取りにも注目が集まるタイ。変化の年になることは間違いない。

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP