母として、女性として
ママを輝かせる応援団に


醸し出す柔らかな空気感と、芯のある凛とした眼差し。
2児の母であり、プロンポンの「hair CRAFT ZAN」でアートディレクターを
務める米倉早香さんに、働くママとしての想いを語ってもらいました。

 

スクンビット・ソイ39の住宅街に佇む「hair CRAFT ZAN」。オープンから11年を迎える人気のヘアサロンで、アートディレクターとしてタイ人スタッフの指導にあたる米倉早香さんは、地元の高校卒業後、美容学校を経て東京で美容師として働いていました。

タイを初めて訪れたのは2006年。その時は、それが人生の転機になるとは想像もしていませんでした。

もともと、(ZANの)オーナーのお父さんとは、日本で知り合いだったと言い、「会いに行く名目で(笑)タイへ旅行に来ました。私が美容師をしているという話はしていたのですが、それから1年後に電話があり、『バンコクで2号店を出すので、手伝いに来てほしい』と言われた時には驚きましたね」。

突然のオファーに、最初は冗談だと思っていた米倉さん。しかしその後も、猛プッシュの電話は続きます。返事に迷っていたところに、背中を押してくれたのは、米倉さんの父親でした。「父に相談したら、『行ってこいよ』の一言。短い言葉でしたが、なぜかそれで安心して、タイに来ることを決めました」。 その後、2008年に米倉さんは指導者として来タイ。技術的な面はもちろん、タイ人と日本人にある、仕事に対する意識などの違いに、当初は戸惑いも多かったそう。タイ人スタッフとのコミュニケーションや指導方法など、試行錯誤を繰り返す毎日で、来て3年は余裕もなく、ガムシャラな日々を送っていました。

結婚、出産、仕事との両立
母となって見えてきたもの

その後はタイの暮らしにも慣れ、仕事が順調に進み、友人であった旦那様と結婚。11年には、長男の航志朗(こうしろう)くん、その5年後には長女の維月(いつき)ちゃんが生まれます。

幼い2人の子どもを育てながらのお仕事。さぞかし大変ではと尋ねたところ、「子どもと離れて働くことは、私にはプラスになっていると思います。自分の時間を持つことで、頭も気持ちも切り替えができますし、何より仕事が好きなんでしょうね。予定日の数週間前まで働いていたんですよ」と屈託なく笑います。

「逆に、お子様とずっと一緒にいるお母さんは、すごいなと思いますね。休む暇なく家事をしなきゃいけないですし、毎日が戦争だなと。うちは、一人目が産まれた時から夫がかなり手伝ってくれていますが、それがなければとてもやっていけなかったと思いますね」。そう旦那さんへの感謝の言葉を口にします。

出産後は、仕事面にも変化が現れました。老若男女、多くの人が訪れるZANには子どものいる女性も多く、共通の話題で盛り上がるなど、独身時代より密なコミュニケーションを取れるようになったと言います。時には、先輩ママさんからのアドバイスに助けられることもあるとか。

そして、子どもが生まれて分かったのは、タイは“子育てのしやすい国”だということ。 「タイの人はみんな子ども好きですし、メイドさんを雇うこともできますよね。日本に比べて、お子様のいらっしゃる女性でも働きやすい環境だと思います」。 チャンスがあれば怖がらず、一歩を踏み出してほしい自分の歩みを振り返り、真っ直ぐな目でそう語ります。

「輝くママを応援したい」という米倉さんのもとを訪れた後は、髪だけじゃなく心もきっと元気をもらえることでしょう。

航志朗くんと維月ちゃんと3人で。米倉さんの元気の源!

 


PROFILE
米倉 早香 Sayaka Yonekura
「hair CRAFT ZAN」アートディレクター。1979年生まれ。佐賀県出身。在タイ9年。同店の2号店立ち上げに伴い、2008年に来タイ。以降、技術の向上と後進の育成など、タイ人スタッフの指導に務める。現在は一男一女の母。書道の師範免許を持つ。リフレッシュ方法は家族で美味しいものを食べること(みんなが揃ってご飯を食べる時が週に1回あるかないかなので貴重な時間です)。

 


hair CRAFT ZAN
フジスーパー3号店から徒歩1分
火曜日はレディースデー!

一人ひとりの雰囲気に合わせた、様々なスタイルを提案。老若男女に愛される評判のヘアサロン。
[問い合わせ・ご予約]
Tell:084-757-8622(日本語)


編集部より
子育てや来タイ時の苦労話もあっけらかんと語る米倉さんの明るさに、終始引き込まれる1時間。気負いのない彼女の言葉に、輝き続けるためのヒントを見つけた気がしました。(Y)

取材・文 山形 美郷


関連記事

  1. 肌で感じた前国王の偉大さ
    日本人として抱く感謝の念

  2. “今のタイをプロデュースする”
    タイ国政府観光庁アドバイザー

  3. 働けないと諦めていた奥さんへ
    “才能が花開く”スタジオ

  4. 7つの惑星のソイキャンドルで
    タイの生産者を支援したい

  5. お酒に込められた想いを
    “酒サムライ”として世界へ

  6. 演じて生まれる“思いやり” タイで唯一の日本語劇団

  7. “長く、深く働ける人材を”
    系企業のための求人サイト運営

  8. 100年先も人々に寄り添う “開かれた日本人会”を目指して

  9. 日本とタイの交流を深める
    タイランド剣道クラブ創設者

おすすめ記事

  1. TOSTEM THAI
  2. 北陸銀行
  3. 百五銀行
  4. 阪急阪神 不動産
  5. HOSHIZAKI (THAILAND)

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP